エントリー

犯罪国家資格者と

  • 2018/05/18 07:58

@有限責任監査法人トーマツ、札幌市環境事業公社監査担当香川順公認会計士”札幌市環境事業公社の業務には、一切法令違反から無し”完全な虚偽監査結果報告書です、公認会計士法違反です、今日は公文書証拠等を添えて、虚偽、偽造による監査結果報告書との事実立証、札幌市、公社は犯罪業者と共犯”も含めて、一部証明致します

                                平成30年5月18日

〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
内閣府御中、安倍総理、麻生財務、金融大臣
TEL03-5253-2111
有限責任監査法人トーマツ
札幌市環境事業公社監査担当、香川順公認会計士
TEL03-6720-8200
FAX03-6720-8205
秋元札幌市長、市議会議員、区長、市税は偽造地方税申告共犯、保護課、オンブズマン、環境犯罪部署他
FAX011-218-5166
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456
井上宏札幌高検検事長、東弘地検検事正、特別刑事部宮本検事
FAX011-222-7357
和田昭夫道警本部長、2,3、保安、生活経済課
TEL,FAX011-251-0110

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

1、トーマツ、札幌市環境事業公社監査担当、香川順公認会計士、本日は「札幌市挙げて、環境事業公社とも共謀して、個人所有物、相続前遺品物品一括犯罪処理請け業者とも手を組み、犯罪の限りを尽くして居る事実を、幾例か証明します”札幌市環境事業公社の業務には、法令違反等一切無い”完全な虚偽監査報告書作成、公開です」

2、札幌市オンブズマン発行、山本に出した通知書「平成29年4月12日付、第28-85号」2~3ページ(1)ア、イ、ウ記載をご覧下さい”一般廃棄物収集運搬業許可を得ず、この業務請負した者は、廃掃法第25条規定により、刑事罰が科せられる~清掃工場に違法収集一廃持ち込みが分かった場合、違法性を説明の後、持ち帰らせる”等記載されています」

3、次の公文書、札保自第541号、平成29年6月20日付、保護自立支援課大野広邦部長が、区長も代表して当社に出した公文書です「当社からの回答要求は、保護世帯家財等処分公共事業に於いて”上記無許可業者多数を使い、保護家庭不要物一括犯罪処理請負させて居る事に対しての、法を犯した事業実施合法根拠回答要求です”要約すれば、生活保護法による、廃掃法規定等知らぬ、です、大野部長部下井上係長は”税金を使い、法を犯す事業を実施して居るからどうだと言うんだ、税金はお前の金か、税金は合法使用以外認められないだと、そんな法律は無い、税金は法律の山本”等揶揄し続けて居ます」

4、次の公文書、札環業第1070号、環境事業部業務課長発、山本宛て公文書記載は、公社は一廃等一括処理請負し、自社でこの違法請負業務遂行能力無し故、下請け(この事例は北清企業)パッカー車を差し回し、家電、布類、木、鉄、紙製品等すべて放り込み、中沼の清掃工場に運び、一括焼却処理した、合法な一廃収集運搬処理である、之を記載した公文書です。

5、次の公文書は”札幌市清田区役所保護課が、裁判所不動産明け渡し強制執行請負で、同様の犯罪他者所有物一括処理請負して居る、まこと引っ越しセンターにも、保護世帯家財等一括犯罪処理委任した実例写しです”次が裁判所上記請負社証明書類です。

6,次の公文書は”同じく清田区役所保護課が、保護世帯家財等一括犯罪処理委任した実例、便利屋よっち委任証拠です””次の道新記事、平成29年11月12日付記事では、よっちが相続前遺品物品、個人所有不用品を、一括犯罪処理請負して、古物商法違反のマテック循環コンビニに仮置きして、廃棄物不法投棄容疑により、逮捕されたとの記事です”

7、次の公文書は”中央区役所保護課、保護家庭家財等犯罪一括処理委任実例、遺品整理ECOに、保護家庭の遺品物品(相続権者未定の物品等)を、一括廃棄等処理委任した証拠公文書です””税金を使い札幌市、国は、相続前遺品物品も、犯罪処理請負社と共謀して、闇処理して居ます”

8、次の公文書も含めた、中央区役所開示保護家庭家財等一括犯罪処理実例は、実行者スクラム代表による、犯罪内容詳細記載文書も備えられた(排出者を偽り、白石清掃工場に搬入処理、石狩に運び違法処理)証拠書類です。

9、次の公文書は、西区役所保護課発行、保護家庭家財等一括処理委任、委任先社NEXUS53案件、一廃品一括処理請負、この一廃は”札幌市環境事業公社指定場所まで弊社トラックで運びます”等記載が有ります、無許可一廃違法収集運搬実例証拠です”

10、次の公文書は、中央区役所保護課発行、保護家庭家財等一括犯罪処理委任実例、遺品先社ひおき実例です”札幌市環境事業公社に引き渡し、処分、可燃物、不燃物とも公社引き取り処理”と記載されているが”公社には塵収集車、収集作業員、中間分別施設無し故、混合一廃引き取りも違法です。

11、トーマツ、香川順公認会計士、札幌市環境事業公社業務に一切法令違反から無し、どう立証しましたか、虚偽監査報告書ですよね。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2018年10月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3498730
ユニークアクセス:2999122
今日
ページビュー:2921
ユニークアクセス:2585
昨日
ページビュー:4499
ユニークアクセス:3391

Feed