エントリー

原田綾子さんの実例が

  • 2018/05/18 16:08

札幌家裁と白諾貝弁護士との共謀による「原田綾子さんに”入院先医療機関も全く知らない所で、当事者資格が無い者と、司法が嘘を事実と認定して、成年後見人を選任した事件”」

あの前例が有るので「事実では全く無い”認知症が悪化して、当事者資格が無い人間だと、偽りでされて、医師の診断からそう出ても居ないのに、重度の認知症、当事者資格喪失者”こうでっち上げで、司法犯罪決定して、通して居る、之も知って居ます」

原田さんの場合は「彼女が重度の認知症であり、成年後見人を選任して、多額の財産を守る必要が有るのだ、ここまでの嘘を”あくまでも司法犯罪で、闇ででっち上げて事実と決定して、押し通した”でした」

知った時にはもう、医療機関も主治医も誰も、手遅れとされて居ました「原田さんの所にも、主治医の所にも、一切札幌地裁の人間も、白弁護士等も来ないで”壽度の認知症、当事者資格喪失して居る”こう、でっち上げで確定させて有ったんです」

でっち上げでの決定でした、でも「肝心の多額の金融資産、無かったですからね、彼女が隠して居る?多額の金融資産を、こう言う司法犯罪手法で手にしよう、之を目論んだんです」

でも彼女、このでっち上げ認知症、成年後見人を選任して、隠し財産を守らなければ?この嘘で塗り固めて、通した目論見は「もう金は抜かれ尽して居て、奪える金は無かった、こう言う結果でしたでしょう」

このレベルの犯罪組織、国家資格者なのです、国民が多く、この司法三流以下犯罪集団事実を、実邸証拠も揃え、追及するべきなのです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2018年08月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3274955
ユニークアクセス:2816524
今日
ページビュー:628
ユニークアクセス:562
昨日
ページビュー:3431
ユニークアクセス:2842

Feed