エントリー

会計検査院の答え

  • 2018/06/13 14:59

会計検査院広報、渡辺担当との会話。

山本ー今日も送った書類の中の一件”札幌市保護課が保護受給者の死去後、この死去した受給者に対して、残っている遺品物品の処理、遺品整理のお金を保護費から給付した事案”市の役人も、死んだら保護費は給付停止、それ以後保護費は給付出来ないので、間違い無く詐欺です”と認めて居るが、何故会計検査院は、この国税詐欺給付を認めて居るのか?他の事案も同じだし、保護家庭引っ越しを、無許可運送発注で行わせている問題もだが。

渡辺ー保護受給者が死去後も保護費を給付した事案は”市の役人が給付したから、詐欺給付でも良いのでは?””山本さんが詐欺、犯罪事業への税金給付を止めたと言うんだから、もうやらないだろうと思うので、犯罪に税金を投じて居ても、良いのでは?”

山本ーそうか、もうやらないかも知れないが理由で、税金詐欺もして良いんだな、じゃあ私も税金を詐欺で貰おう、もうやらない、かも知れないで、ずっと貰えるんだから”死んでからも保護費の給付が出来て通るんだし”詐欺なぞ無いのだから、何故滝川の保護受給者による、介護タクシー費用詐欺で、会計検査院も滝川市に対して、国税を詐欺に注ぎ込んだ、確信犯での詐欺行為だとして扱ったんだ?犯罪にならないだろう、生きて居るだけ良いだろう、死人に保護費を給付するより。

渡辺ー、、、。

山本ー保護受給者が死去後、残った遺品物品の処理を、保護費詐欺給付で遺品整理業者に処理を請け負わせたのは、完全に詐欺行為だ、逃げられない確たる詐欺だ、滝川の事件は、保護受給者は生きている、死人に保護費給付よりずっと言い訳の余地があるだろう。

渡辺ー、、、、。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2018年10月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3495074
ユニークアクセス:2995813
今日
ページビュー:3764
ユニークアクセス:2667
昨日
ページビュー:3773
ユニークアクセス:2398

Feed