エントリー

犯罪を行い、ばれて居直り、犯罪を認めても

  • 2018/07/12 07:59

遺産をかっぱらい、犯罪者が所有権を得たと、弁護士、検事、裁判官、警察が強弁しても「何の遺産が、誰によってかっぱらわれたか、之を証明出来て居れば”遺産目録に記載出来る場合も有るし、別途遺産として計上出来ますので”他の相続権者は、永遠にでも自己の相続遺留分を請求出来ますし”」

遺産相続争いは、かっぱらった遺産を他相続権者の請求に応じて、遺産相続させない限り、又は「書面を交わして、かっぱらわれた遺産緒相続権を放棄しない限り、子、孫の代までも終わらせられません」

遺産金品は、かっぱらえば泥棒が所有権を得て、遺産から除外される、司法、警察が国儒で行わせ、通させて居る、日本の遺産の扱い、強制的遺産相続権?決定事実です。

誰かがきちんと、出来る限りの遺産金品調査を行い、遺産だと証明して、法に適った遺産目録、相続人全員の証明書類を揃えて、遺産金品犯罪逸失被害証明も果たせば「遺産金品は、犯罪入手者が所有権を得た、遺産から除外されるのだ、この弁護士、検事、裁判官、警察の虚言は通せません」

遺産目録に記載出来ない、かっぱらわれた遺産も「遺産の何を、誰が法を犯して入手したか、之を立証出来れば、被害回復されるまで、何年、何十年でも相続権を行使出来ます」

遺産金品は、かっぱらってしらを切れば、証拠が揃って居ようと「警察、検事が犯罪を免責で逃がせば、犯罪者は刑事上は逃げられるが、民事の損害賠償債務は、消えませんから」

弁護士を就けようとも、法を犯して遺産を手にして、ばれてしまえば、憲法、法律が物を言うのですよ。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2018年09月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3384933
ユニークアクセス:2903307
今日
ページビュー:1558
ユニークアクセス:1503
昨日
ページビュー:2283
ユニークアクセス:2225

Feed