エントリー

日常の司法犯罪、遺産泥棒

  • 2018/07/12 08:16

遺産相続争いは、弁護士、裁判官、警察絡みは特に「相賊となって居ます、弁護士、裁判所、裁判官、警察が絡む事件となれば、ほぼ相賊、ですよね、犯罪に手を染めて遺産金品を入手すれば勝つ、之でほぼ統一されています」

当社が調査を請け負う場合、出来るだけ「遺産目録も作成するよう、働き掛けます、遺産目録に記載された遺産は、被相続人が死去の時点で証明された遺産緒目録は、弁護士、検事、裁判所、裁判官、警察がどう虚言、世迷い言を吐き、かっぱらわれた遺産は遺産から除外だ、こう言い張ろうと、憲法規定、法の規定で遺産から除外とは出来ません」

こいつら法曹資格者、警察の世迷い言には、法の正しい規定は無いです、犯罪の公認、犯罪者擁護の為の虚言です。

相続人証明書、遺産目録、先ずはこれ等を無くさせて居ます「遺品整理請負なども”この犯罪手法を強制適用させるから、犯罪そのもの請負が、官民の指揮、加担で成り立って居るだけです”」

根本の犯罪行為は「相続人が誰かを、公式に立証した証明書を揃える、遺産を出来るだけ正しく証明して、遺産目録を作成する、之を潰す事なのです」

相続権者を不明とさせて、相続遺産を闇に隠して「遺産金品犯罪入手、闇に溶かす犯罪を証明出来なくさせて有るのです、法曹権力、警察が直接手を汚して」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2018年09月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3384955
ユニークアクセス:2903329
今日
ページビュー:1580
ユニークアクセス:1525
昨日
ページビュー:2283
ユニークアクセス:2225

Feed