エントリー

報告

  • 2018/07/12 13:47

東警察署に妻を同行して出向き、刑事課3部署の担当を集めて、犯罪行為事実証拠が有るのに故意に捜査をせず、被害を増やし続けて居る事を追求しました。

当社と私、妻相手の偽計業務妨害犯罪行為、脅迫、名誉棄損、恐喝未遂行為複数は、証拠も揃っています、遺産金横領、窃盗犯罪も、事実証拠が揃っています、犯罪を承知の上で犯罪を故意に見逃し、犯罪者を養護して、犯罪被害を増やし続けて居るんです。

当社と私が遺産泥棒事実証拠を洗い出し、犯罪証明を果たして来たから、ここまで来たのです「それをされては困るから、偽計業務妨害、脅迫を重ねて居るんですよ、犯罪を暴かれ、証明されると困る故の犯罪行為です」

事実、当社と私が調べた、遺産泥棒各犯罪事実証拠は、他の同様遺産泥棒事件共シンクロして、恒常的に行われている司法、警察犯罪だと、同様の事件も合わせ、更に証明出来て居ます。

犯罪者を見逃す、犯罪と承知で犯罪を免責として、犯罪を増幅させて居る、最悪の司法、警察です。

妻は精神的、肉体的に追い込まれ切って居ます、東署で救急搬送するべきでしたが、妻が「兄弟が起こしている犯罪で、そこまでしたく無い」

こう言うから119通報はしなかったけれど、本当は救急搬送が必要な状態です。

犯罪者に与し続ける司法、警察、悪の組織です、こんな狂った組織犯罪集団、要らないですよ。

横路俊一は「次男、長女が雇って居る犯罪代理行為者です、主犯は次男、長女です、警察にもこれを理解させる為、説明はして有ります」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2018年11月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3603598
ユニークアクセス:3078637
今日
ページビュー:2161
ユニークアクセス:2120
昨日
ページビュー:6928
ユニークアクセス:2058

Feed