エントリー

銀行犯罪を繕う方法や

  • 2018/07/14 16:56

銀行と共犯で、死んだ人の身分を偽り、死んだ人の遺産預金を横領して、証拠と自白を取られている。

しらを切れば、警察が逃がして呉れれば「横領金は全額、犯人が自己所有と出来ます、ですが、死んだ人の預金を、死後”本人が自身で金融機関に出向き、自身が引き出し書類を書き、自分の預けて有る預金を引き出した”この手続きは、法に反した犯罪行為ですから」

死人の死後、死人さんの預金を、死んだ人が自身の手で引き出しました、これで押し通そうとしても「金融機関犯罪です、相続権者から訴えられれば、金融機関は窮地に陥ります」

金融機関、保険事業者の業務など、横領、詐欺ばかりが事実です、まともな商売では無いのです、就いている弁護士も、屑が大半です「犯罪が行われた、だからどうだと言うんだ、犯罪が行われて、ばれて証明されたが、犯罪は正しいんだ、こう、毎度金融屋、保険会社として出て、答弁すれば、裁判官が通してくれる、之を重ねて居るだけです」

金融屋毎処か、同じ金融屋の本支店でも、全く顧客預金横領、詐取用手口が違って居ますから。

犯罪ばかりを日々行っており、合憲、合法とは、からそもそも理解も出来ないんです。

こちらがスキルを備えて、金融屋、保険屋、弁護士、検事、裁判官、警察テロに対抗しなければなりません、合憲、合法、こいつらが行った犯罪実例証拠、犯罪がばれて通された案件実例証拠も武器で駆使して。

犯罪集団、犯罪組織ですから、この連中の実際の所業は、偽造、横領、詐欺が常態化して居ます。

義父の遺産預金横領犯罪、一定こちらで処理出来るように、今日手続きを作りました、後は向こう次第です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2018年09月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3384937
ユニークアクセス:2903311
今日
ページビュー:1562
ユニークアクセス:1507
昨日
ページビュー:2283
ユニークアクセス:2225

Feed