エントリー

産廃犯罪処理、公共事業から公認

  • 2018/09/16 13:43

一般的な光景となって居て、大半の人は何も気にして居ませんが、産業廃棄物を収集運搬するダンプ、4トンダンプなのに、荷台のあおりが異常に高く改造されて居て、運転席の後部の高い位置にトラッククレーン操作機器が据え付けられて置て、椅子がセットされており、車両の高い場所で椅子に座り、トラッククレーン、アタッチメントが爪になったクレーンを操作して、産廃を爪で掴み、荷台に落とす産廃輸送ダンプですが、あの仕様は、下記法律根拠により、違法改造ダンプなのです、拠って、早急に使用禁止措置が取られる予定です、廃棄物処理事業はこのように、官民挙げた犯罪事業実施で、安く廃棄処理させて居るのが現実です。

1、あのダンプは、積載荷重が4トン以内で、総重量が8トン以内と規制されて居まして、クレーンとあおり嵩上げ分で1,3トン位有りますから、塵の積載量の上限は2,7トン位が限度ですが、あのあおりの高さは、10トン位過積載する為の仕様です、実際、常時過積載運行して居ます、警察も過積載摘発をせず、通して来て居ます。

2、あのダンプ高所に設置された、トラッククレーン操作機器と、椅子は違法設置です、トラッククレーンは転倒事故が多く、人は乗車禁止です、ダンプに勝手に椅子を設置自体、違法改造ですしね、つまりあのダンプの仕様は、車検もクレーン自主検査も、違法検査合格させて有るんです、あのクレーン操作でひっくり返れば、オペレーターは死にますから、労基が使用を禁止にします。

3、開発局、道庁、札幌市他は、過積載数倍、違法なトラッククレーン操作ダンプと承知で、公共事業で安く(過積載です、正しい処理費では無いと承知です)産廃廃棄処理させて、通して居ます、今、この犯罪公共事業産廃処理も是正させる事で動いて居ます。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2018年11月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3627079
ユニークアクセス:3101506
今日
ページビュー:3053
ユニークアクセス:2943
昨日
ページビュー:2958
ユニークアクセス:2867

Feed