エントリー

犯罪撲滅

  • 2018/10/07 08:36

@違法トラッククレーン搭載、過積載前提違法改造ダンプなのを前提とさせて、都道府県庁、政令指定都市環境、警察が、道路運行自体違法、不可能と承知で使わせ、産廃処理費を安く上げさせて来ている、国中で行われている犯罪も、当社の尽力により、国土交通省、厚生労働省が公式に違法を認識し、認めて、合法化を果たす為、地方自治体に、犯罪事業事実報告もさせ、法に沿って動き出して居ます

                                平成30年10月7日

札幌地裁に対し、不動産明け渡し強制執行公務代行請負申請提出社、廃棄処理も合法以外、特に国による強制執行では認められません

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                     有限会社 エッチエイハウスリメイク
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

〒060-0042 札幌市中央区大通西11丁目
綿引万里子札幌高裁長官、宝塚誠地裁所長、民事執行係り
TEL011-231-4200
FAX011-271-1456

大谷直人最高裁長官
TEL03-3264-8111
FAX03-3264-5691

1、違法改造トラッククレーン、労働安全衛生法違反、使用禁止クレーンを搭載し、車検合格後、屋根上違法クレーン作業用と、過積載用違法改造を行って有るダンプ、違法改造故、道路車両運送法、道交法違反で道路走行禁止車両で産廃事業申請して居る事実を、車検証、ダンプ写真を提出させており、事業許可を出せないと知った上で、産廃収集運搬事業許可を出して来て居る石狩振興局地域環境課(吉水主幹)札幌市環境局事業廃棄物課(清水課長)道警、この事実に付いて、当社が道庁、札幌市、両議会、道警が確信犯で法を犯させており、国を動かす以外無いと証明して、国交省、厚生労働省に事実証拠と証言を上げた結果、下記の犯罪撲滅、合法化への動きとなって居ます。

2、国土交通省自動車整備課、加野島担当からは「下記に違法改造産廃車両を見た場合、ナンバーを控えて通報下さい、国交省、陸運支局で調査し、違法改造車両使用禁止、合法に是正させます、こう伝えられて居ます」

@通報先、札幌と近郊の場合 ファックス、メール通報願います

国土交通省 自動車局整備課、加野島担当
TEL03-5253-8111(42-422)
FAX03-5253-1639
北海道運輸局 札幌運輸支局内木首席陸運技術専門官
TEL011-731-7168
FAX011-712-2406

3、厚生労働省、道労働局、労基の動きは下記となって居ます。

厚生労働省安全衛生法安全衛生部、機械課、道労働局安全課、労基が、違法トラッククレーン使用禁止、違法改造部分撤去指示に動いています。

厚生労働省安全衛生法安全衛生部、松本担当
TEL03-5253-1111(5477)
FAX03-3502-1598
道労働局 安全課龍瀧地方産業安全専門官
TEL011-788-6371
FAX011-756-0056

4、厚生労働省、国交省は、この違法改造トラッククレーン、違法改造車両と承知で、産廃収集運搬事業許可を出して来て居る、石狩振興局地域環境課、吉水主幹に対して、事実説明等を公式に求めて居ます、道警本部も同様、違法改造、過積載を承知で見逃して来て居るのですが、警察庁が動く事になるのでしょうね?

5、当社が偶然、公清企業所有、同様違法改造トラッククレーン搭載、過積載用違法改造ダンプに遭遇し(札11?5654)このナンバーを国交省、陸運支局、厚生労働省、労働局に通報しました事で、公清企業、札幌市指定産廃業者、札幌市環境局も共犯、この事実への調査も行われる結果となって居ます、なお、札幌市指定6社、北清企業、札幌第一清掃等も、市と組み、同様の違法改造トラッククレーン搭載、過積載用違法改造ダンプを所持し、札幌市が違法と承知で事業許可を与えて居ます。

6、公清企業、第一清掃等、札幌市環境局は、当社から道路車両運送法、道交法違反、労働安瀬寧政法違反を指摘され、違法認識を持った上で、違法業務を続行させて来て居ます、事実と認めています。

7、この一連の巨大地方自治体、都道府県警犯罪は「廃棄物処理法の所管権限を、都道府県警、市町村が与えられた事で、憲法規定、他法律は一切無効化された、廃掃法一つで、地方自治体、都道府県警特権で、幾ら法を犯しても良い、安く廃棄処理出来れば良い、都道府県庁、市町村環境が独善で決定して通る、之を通した結果、憲法規定、各法律規定で上に有る物全て、独善で無効化して通した結果が、ここまでの事態を招いてしまった、国の役人達も、之を認めて、早急に適用される憲法、各法律規定を、正しく適用させて、地方自治体、地方警察主導犯罪事業を是正させなければならない、ここまでの憲法、法律破壊の事態を招いてしまった責任が、根拠法を所管する国に有るので、と動いています」

8、違法改造ダンプでの道路走行と、過積載走行を、道警が、過積載取り締まりで知った上で、産廃処理費を安くさせる目論見を持ち、認めて居る事に付いて「陸運支局が直接に、之以上犯罪道路走行をさせない為動いており、違法改造車両を通報されれば事実確認し、違法改造車両使用禁止、合法に造り変えて車検を通さねば使用させない、この措置で動いています」

9、違法改造殺人トラッククレーン問題は、車両通報が有れば陸運事務所と情報を共有し、車両所有社を割り出して、該当トラッククレーンを確認し、車両屋根上での操作機器撤去指示を出し、荷台を標準の高さに下げさせ、荷吊り逆側地面で操作する以外認めない、この動きに入って居ます。

10、北海道庁、北海道警察、札幌市が共謀しての、国中同じ構図のこれ等犯罪、産廃処理費を安く上げさせる目論見により、法を多数犯させて通しているこの犯罪の撲滅に、道路運送車両法、貨物自動車運送車両法を所管する国交省、労働基準法、労働安全衛生法を所管する厚生労働省が、ようやく犯罪を禁止する為公式に動き出してくれました、今後公共事業も含め、廃棄物処理費を適正価格とする、排出者偽装を潰す、この合法化の動きも出ます。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年10月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4627594
ユニークアクセス:3881354
今日
ページビュー:1271
ユニークアクセス:750
昨日
ページビュー:1084
ユニークアクセス:1062

Feed