エントリー

遺品整理請負が正しいなら

  • 2018/11/10 17:18

遺品整理士事業が正しいなら、廃棄物処理施設に持ち込み”遺品整理を請負、運んで来た遺産物品の処理です”こう搬入申込書に書いて、通る筈です。

ですが現実には、遺品整理を請け負った事業者が所有者、排出者だと、搬入先処理施設も、中間処理請け一廃、産廃許可業者も、確信犯で偽り、廃棄処理犯罪に加担して居るのですよ。

札幌市環境事業公社も同じです、ここはもっと悪質で、塵収集の体制自体無いので、元々違法塵収集だけしています。

裁判所が行って居る、不動産明け渡し強制執行搬出物の違法処理も、物品所有者を偽り、廃棄処理を強制引き受けして居ます。

法を正しく守る気が、初めから無い訳ですよ、つまりは、報道犯罪宣伝権力と同様に。

事実を隠す事で、犯罪を請け負って居る、犯罪を行い捲っている事実を糊塗して、正しい請負行為と偽り、通して居る訳です。

相続されて居ない遺産物品は、廃棄物でも古物売却品でも、当然ありません、所有者が未定の物品ですからね、処理する当事者が居ませんので。

要するに、泥棒ですよ、この連中の所業の真実は、持ち主が相続権者全員、この段階で、相続権者からの処理請けでは無いのに、犯罪処理を請け負って居るのですから。

報道も、この事実から知って居ながら、遺品整理士資格事業と言う事業が、新たに出来た、遺品整理士なら、相続されて居ない遺産物品の処理請負が出来るんだ、こう、嘘を承知で喧伝し、報道して、宣伝し捲って居るんです。

ですが、行政、廃棄物処理を受け入れている、監督して居る行政機関が、次々遺品整理は犯罪、この法律通りを認めて、犯罪潰しに動き出して居るんです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2018年11月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3627139
ユニークアクセス:3101566
今日
ページビュー:3113
ユニークアクセス:3003
昨日
ページビュー:2958
ユニークアクセス:2867

Feed