エントリー

金融犯罪

  • 2019/01/13 14:06

金融屋と共謀したら、預金者の身分を偽装する手で、実際には金融屋の資金の横領、詐取ですが「預金者が自分自身で、自分の預金を引き出した、と偽れて、まんまと金を詐取して手に入れて、通される、現実に国中で、この犯罪が行われ、実際身分偽装から証明されても、本人が自分で預金を引き出した、之を警察、司法、監督官庁ぐるみのテロにより、強引に通されて居ます」

預金者の身分を偽った書類を、金融機関と犯人が共謀して作成、行使しての犯罪である事から、公式立証されて居るが「預金者本人が、自分の預金を引き出す書類を作成、行使して、自分の預金を引き出して、持ち帰ったのである、犯人が預金者の身分偽装の手で、金融機関の職員が共犯となり、先ず金融機関の資金を横領して、偽造者、犯罪者に提供した、こう証拠も自供も揃って居ようと、虚偽である、正しい預金者による預金引き出しだ」

これを、居直り犯罪警察、司法、監督機関が共謀して、強制的に押し通す、之が常となって、ほぼ通ってしまって居ます。

でも、義父母の身分を偽り「死んだ後に義父が、預金先のJA十和田おいらせ上北支店と、青森銀行上北支店を訪問して、自分で自分の預金を引き出す書類を書いて、自分緒預金を引き出して、持ち帰ったのだし、義母は生前、盲目、認知、車椅子、文盲で、自分で預金引き出し手続き等、出来る筈が無いし、誰かに自分の名を騙らせ、自分の預金引き出し名目で、預金先と共謀して、金を詐取させる等、出来ないし、当事者認識がそもそも無く、こんな犯罪に、義母の意思で関与は不可能だったが」

義母が上記犯罪を認め、指示した、正しい義母による、義母の預金引き出しだ、之も警察、司法、国が強引に、事実と偽り、通しに走って居ます、さて、上手く成功しますか、かっぱらった200万円は、ゆうちょで作られた、偽名口座に入れられて居るし、絵にかいたような、犯罪利得ロンダリング実例です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年03月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4041336
ユニークアクセス:3401497
今日
ページビュー:1485
ユニークアクセス:1440
昨日
ページビュー:2671
ユニークアクセス:2578

Feed