エントリー

司法犯罪により、偽造解約される口座

  • 2019/01/14 17:37

司法、警察犯罪により、偽造手続きが強引に行われ、違法に解約される口座を、事前に公開しました、同様の司法、警察犯罪が、日本中で弁護士犯罪国家資格者を潤す、弁護士犯罪を認めて潤す目論見により、起き続けて居ます」

偽造書類を金融機関も共謀して、作って使われ、違法に口座の金が抜かれた、事とされて居る、違法に解約された、事とされて、金が強引に失われて居ます、実際には金融機関の資金の横領、詐取行為ですが「司法、警察テロにより、口座名義人が自らの手で、自分の預金を引き出した、解約した、こう強制力を行使され、決定されて、通されて居るのです」

当然ですが、口座名義人が、自身で預金引き出し、口座解約を、必要書類を書いて行っては居ませんから、手続き書類も当然偽造され、行使されて居ます。

この犯罪手続きは、警察、司法、金融機関監督行政機関ぐるみで「帳簿、決算書、税務申告書、監査報告書を偽造して、正しく預金者が、自身で預金を引き出した、口座を解約した事にされて居ます」

この犯罪が、公開した口座でも、司法、警察テロ犯罪が起きており、実行される予定と、強引にされて居るんです。

一旦犯罪正当化に走れば、軌道修正は不可能、司法、警察テロ犯罪の常です「どんな犯罪に走ってでも、いったん決めた司法、警察犯罪を成功させるべく、犯罪の限りを尽くし続けるのです、司法、警察、監督官庁ぐるみ、テロ集団ですから」

ここまでの権力ぐるみテロ、犯罪に走り続けて居るが、見返りを得られるのか?国際金融犯罪当事者にまでなったが?

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年01月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:3817826
ユニークアクセス:3238946
今日
ページビュー:1143
ユニークアクセス:803
昨日
ページビュー:5092
ユニークアクセス:3264

Feed