エントリー

犯罪委任を隠す為の犯罪

  • 2019/01/31 07:29

相続されて居ない遺産金品を、相続受けしても居ない人間が横領、詐取して、泥棒を請け負う業者を頼み、盗んだ遺産金品を泥棒が、泥棒請負社に提供して、警察、司法、各監督機関、報道が共犯で犯罪を行わせ、見逃して、犯罪を犯罪によって成功させて居ます。

犯罪を、泥棒が、盗んだ金を払って、泥棒を請け負う連中に委任して、盗んだ遺産金を使い、遺産物品を盗み、闇に消して居ます。

犯罪委任、犯罪請負ですが「警察、司法、国税、地方税部署、環境部署、地方政治権力、報道が共謀して”犯罪委任、請負事実から、法の適用を除外させて、必要な犯罪を認めると言う、常軌を逸した権力犯罪に走り、犯罪を成功させて”」

犯罪委任、請負証拠隠匿、犯罪委任費隠匿、犯罪に要した”経費?”虚偽計上、申告も認める手で、この犯罪も、成功させて有るのです。

当然ですが、真正面から「犯罪委任費受領、隠匿事実、犯罪に要した経費?虚偽計上等を、証拠も揃えて、警察、司法、国税に告発しても”国家権力が指揮犯、共犯、実行犯、委任犯、教唆犯です”握り潰して、どんどん犯罪の規模を拡大させるばかりです」

ですが「札幌地裁民実行係は”強制執行搬出物の処分”に付いて、入金項目虚偽、違法処理に要した”経費”虚偽処理、違法経費計上、偽造税務申告、脱税事実を持ち、請け負わせた業者、道民運輸、まこと引越センターに対して、修正申告させます」

裁判所が命じて、この二運送業者が、違法処理、虚偽申告を改めて、修正申告するのです、国税も、逃がす訳に行かないのです。

こうやって、犯罪を委任して居る公的機関が指揮を執り、犯罪を請け負っている業者に命じて、正しく修正申告させれば良い事なのですよ「これでもう、犯罪委任者、請負犯罪業者は、国家権力からの、犯罪全て公認、免責特権享受は、望めなくなっています」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年10月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5108574
ユニークアクセス:4314915
今日
ページビュー:140
ユニークアクセス:140
昨日
ページビュー:1173
ユニークアクセス:1137

Feed