エントリー

司法犯罪実例

  • 2019/01/31 07:46

義父母の遺産相続、警察、司法犯罪被害多数発生事件の中での、偽造委任状で暗躍している弁護士が頼んだ、共同住協、不動産屋犯罪も、公式に表に出て居ます。

この不動産屋は、建設工事を自社で行える体制は、有りません、実家を解体請負など出来ない不動産屋です。

実家に有る、相続されて居ない遺産他物品、物品内訳不明物、家財の犯罪処理請負にも手を染めて居ますが、当然、この不動産屋にも、こんな泥棒他犯罪請負は、犯罪ですから、表だって出来る筈が無いのです。

弁護士連中と警察、裁判所、裁判官連中も、このような法を犯す請負委任、公認も、日常的に重ねて居る、それの実例証拠の一つです。

当社からこの犯罪請負業者に連絡して、建設業法違反、国土交通省通知違反、窃盗行為、廃掃法違反などを指弾した結果「この不動産屋は、違法請負から逃げました、公開された中で、物理的な犯罪を行う度胸は無かったのでしょうね」

偽造委任状で暗躍している弁護士と、青森県警と、札幌家裁、裁判官が共犯でも「犯行実施は出来ないようです、気にせず犯行に及べば良いのに、どうせ次男と長女が金を出して、犯罪を行わせるのだから」

こちらには関係の無い犯罪です、勝手に犯行に及べばよい事です、何時ものように、司法、警察ぐるみ、犯罪に及べばよいのですよ、勝手にやって居ろ、犯罪者同士で。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4702707
ユニークアクセス:3947907
今日
ページビュー:795
ユニークアクセス:752
昨日
ページビュー:810
ユニークアクセス:753

Feed