エントリー

国家権力犯罪洗い出し、国家権力は、犯罪公認、告発潰し

  • 2019/02/02 08:54

国家権力犯罪を、詳細に洗い出し、証明して、撲滅の手立ても構築し、犯罪有料委任、犯罪請負、国家権力が共犯で、犯罪全てを公認、加担で成功に、強引に持ち込ませて居る、未遂の請負犯罪は、警察、司法、報道が共謀して、犯人側に既遂とさせている。

相続されて居ない遺産金品、個人が所有する不要物、所有者不明と偽った物品犯罪処理委任、請負も、同じ事態となって居ます。

犯罪を、金を払い委任、金で犯罪を請負、犯罪を重ねて成功に、強引に持って行って、国家権力が加担するから、成功出来て居る、異常を超えた国家権力、国家権力主犯、犯罪委任、請負公認国家です。

公共事業でも、この犯罪が、警察、司法、行政、政治、報道、国税が共犯で繰り広げられて、犯罪を公認して、強引に成功させられ続けて居ます、当然、犯罪事実証拠が、公文書でも揃って居ます。

犯罪委任部署、担当、先証明、犯罪委任内容、犯罪委任金額、犯罪既遂証拠、当然公文書で揃って居ます。

公共の、有料犯罪行為委任、請負ですが「犯罪委任費、犯罪実施に要した、犯罪を成功させる為の費用計上内容も、当然、犯罪がばれるから、偽造で犯罪を隠して居ます」

犯罪を重ねて、個人の所有金品、有価物を「犯罪者が犯罪者に提供して、闇に消させて居ます”裁判所、市役所も、この犯罪を、犯罪者に資金提供して、物品を闇に消させて、犯罪の限りを尽くさせて、犯罪を免責とさせて、通して居るのです”」

札幌地裁は、強制執行搬出物犯罪処理実施に付いて「廃掃法、憲法第29条、この憲法を、犯罪によって蹂躙した犯罪者、犯罪を金で請け負った犯罪行為者に科せられる、刑法各規定、犯罪利得隠匿、犯罪に要した経費偽造計上、脱税公認、犯罪で物品処理を、正しい犯罪だとするべく、札幌市、環境省、国税等と対決するようです」

いよいよ「弁護士、検事、裁判官、警察が公式に、これ等犯罪は正しい、犯罪だが公認犯罪で通す、現行の犯罪全てを適法で通す、こう、公式に打って出るようです、司法犯罪国家確立を目指しての動き、でしょうね」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4705488
ユニークアクセス:3950233
今日
ページビュー:1059
ユニークアクセス:676
昨日
ページビュー:1404
ユニークアクセス:1356

Feed