エントリー

犯罪を事業と偽り、国中で犯罪を展開に走り続けて

  • 2019/02/02 16:12

犯罪でしか無い遺品整理請負、泥棒ですけれど「泥棒だが、遺品整理士なら、相続されて居ない遺産金品を、相続して居ない人間にかっぱらわせて、遺品整理業者、泥棒に提供させて、通るのだ」

泥棒を委任して良い、泥棒を請け負って良い、警察、司法、政治、行政、報道が、この犯罪共犯実行も、公に公認、共犯で犯罪に手を染める、として居ます。

義父母の遺産金品も、偽造委任状で暗躍出来て居る弁護士、札幌地裁、家裁、裁判官、青森県警、北海道警察、所属警察官を名乗る犯罪者、預金先金融機関等、犯罪実行集団により、強奪されて来て居ます。

家財の犯罪闇処理も、この連中は、犯罪業者を使い、遺産金もかっぱらい、実行させるべく、犯罪に走って居ます。

ルーツ・オブ・ジャパンも、この手の犯罪を、相続事件を受任した弁護士が仲介して、まだ相続されて居ない段階で、遺産金品をかっぱらって提供されて、泥棒を成功させて居る、と答えています。

相続されて居ない遺産金品だから、泥棒の被害者は居ないんだ、だから「相続されて居ない遺産は、強奪しても、犯罪被害にならないから、やり放題出来て、通るのだ、こう、警察、司法、行政、報道を名乗る犯罪国家権力は、嘯いて、泥棒、強盗の支援に狂奔して居ます」

遺産は、泥棒が出たら、泥棒の支援に狂奔する警察、弁護士、裁判所、裁判官、金融屋、法務局等ぐるみの遺産泥棒被害を、出来るだけ防止して、強奪を防げた遺産を守る、強奪された遺産は、諦めて、警察、司法、金融屋が共謀して、強奪に成功した遺産は、犯罪を重ねて返しませんから。

これを覚えて置くべきです、日本はこう言う、犯罪国家権力、犯罪者で国家権力を構成、が事実の国ですから。

取り敢えず、義父母の遺産金は、4男と妻の相続遺留分は、保全に成功しました。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4702280
ユニークアクセス:3947514
今日
ページビュー:368
ユニークアクセス:359
昨日
ページビュー:810
ユニークアクセス:753

Feed