エントリー

司法犯罪だと言う事実も

  • 2019/02/03 08:19

妻の遺産強奪犯罪事件、警察、偽造委任状で暗躍弁護士、裁判所、裁判官連中ぐるみの極悪国家権力犯罪シリーズでも、相続されていない建物の、犯罪解体、家財犯罪処理を、偽造委任状弁護士と裁判所、裁判官で、画策にも走った訳です。

当然ですが、建造物損壊罪、窃盗罪、廃掃法違反等、損害賠償も発生する悪事です、相続されていない遺産建物、家財を、弁護士、裁判所、裁判官が、犯罪請負業者を使い、解体撤去、闇処分させに動いたのだからねえ。

犯罪そのものです、請け負う業者も、犯罪を公式に、平然と請け負うのが愚かです「通常であれば、通る司法犯罪でしょうが、当社が関わって居ます、通常通り、弁護士、裁判官が仕切る犯罪だから、では、成功しませんので」

勝手に闇で、次男と長女の金を使い、犯行を行えば良い事です、後日、損害賠償が発生するし、告訴も有るけれど「少なくても建物は、現存する証拠まで、こいつらで作り、調停証拠で出して居るしね、この状況下で、次男と長女が支出(する訳も無いけれど、遺産金強奪で賄う気だから)であれば、闇でやれば良いだけです」

しかしまあ、法に無知過ぎて、呆れ果てるばかりです「そんな悪行は、こっそり闇でやれ、公な手続きで、公に犯罪を行うと、宣言して、やるなよ、しかも犯罪に要する資金も、犯罪を重ねて、未相続の遺産金を強奪して、犯罪請負業者に提供予定、だと来ています」

遺産預金が全額、同じ額現金化されて居れば、ほぼ全額闇に流されて居たでしょうね、弁護士、警察、裁判官、金融屋、犯罪業者等が次男、長女と共謀して。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4702364
ユニークアクセス:3947593
今日
ページビュー:452
ユニークアクセス:438
昨日
ページビュー:810
ユニークアクセス:753

Feed