エントリー

犯罪者と手を組んで、共犯犯罪を

  • 2019/02/03 14:41

向う側の連中と、警察、弁護士、裁判所、裁判官、役人、ケアマネ、不動産屋は、犯罪を遂行する為、結託しており、共犯関係を結び、犯罪を共に行い、国家権力を悪用させて、犯罪を免責とさせ、犯罪を成功させて、闇に消して居ます。

犯罪ですから、正しく犯罪請負金の処理は、しないし、出来ません、元が犯罪だから、犯罪を承知で、金で犯罪を委任し、犯罪利得を得る為、犯罪を承知で請け負って居るのですから、当たり前の事です。

闇の行為です、犯罪委任、犯罪請負は、闇の連中を、公的な組織、構成員、国家資格者からして、飼い、犯罪を金を払い、委任して居ます、嘱託犯罪を、公の機関、国家資格者からして、公認して委任もしています。

犯罪を金で委任、請負なので「委任者の犯罪委任責任を逃れる必要が、一番先に有るから、嘱託犯罪である事実、証拠隠滅、証拠偽造で事実を作り変える、犯罪証拠を隠滅させる、行政が犯罪証拠を無くさせる、之にも走って居ます」

犯罪委任資金の提供を、犯罪の共犯国家権力が、嘱託犯罪を指揮して、犯罪を委任する人間に提供させて居る、国家権力も提供して居ます。

犯罪委任費用と、犯罪者に提供して、闇に溶かさせて居る物品を洗えば、嘱託犯罪の実際が、国家権力多数の共犯事実も合わせ、公にされます。

犯罪利得を隠匿させて居る、国家権力犯罪だから、よって「犯罪を成功させてくれている国家権力へも、闇利得の還流も、出来てしまいます、犯罪で得た利得は、国家権力が隠匿を認めてくれているから、警察、司法、国税、地方自治体、報道、政治、ですよね、違法入手物品闇故買利得も、隠匿出来て居るしね、古物売買記録作成せず、も、犯罪古物売買証拠隠滅用に通されているので」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4705478
ユニークアクセス:3950224
今日
ページビュー:1049
ユニークアクセス:667
昨日
ページビュー:1404
ユニークアクセス:1356

Feed