エントリー

犯罪請負蔓延、泥棒を成功させる為、犯罪全て公認で成功

  • 2019/02/07 08:50

そこに有る建物を、所有権者の意に沿わず、所有権者が未定の中で、も合わせて、警察、司法が共謀して、強制解体撤去に走って、建造物損壊罪の適用除外、警察、司法権力の悪用を行使して、建物犯罪解体撤去も、多くの場合成功して居る。

行政代執行と違い、民間の債権者の利権獲得の為、警察、司法が債権者側や、一部犯罪行為者相続人と共犯となり、建物所有権者の意志によらず、行政代執行でも無いのに、建物犯罪解体にも狂奔して居ます。

この建物は、持ち主の意向は無視して、解体撤去すると、司法、警察が、違法解体を求める犯罪者の意向に沿い、犯罪を請け負う業者に委任して、建物を強制解体させるとした。

こう言う狂った論法で、建物所有者の意思を無視して、債権者が犯罪解体費を支出や、遺産金員を、一部の犯罪行為実行相続権者、委任犯罪弁護士、裁判所、裁判官が共謀して、遺産金員窃盗に走り、犯罪委任費を支出、強制支出して、等に走り、多くを成功させて来て居ます。

バブル期の地上げ屋より悪質です、犯罪を請け負う弁護士連中に、こうやって犯罪を認めて、通して、弁護士犯罪を成功させて居るのです。

家財等動産も「その場から無くさせろ、こう債権者から、委任請け弁護士が求められたからと、裁判所、裁判官に、そのまま訴えを出せば”所有者が行方不明だから、債権者側の所有物と偽り、犯罪処分を請け負う業者を使い、其の場から持って行かせて、犯罪を重ねて処理させて居る」

泥棒を、こうやって自己詭弁で正当化した、事と偽り、委任して、請け負って、犯罪証拠隠滅、偽造、脱税等を、警察、司法からして、民事、刑事訴訟法手続き他に組み込んで有り、泥棒う委任、請負も、国中で成功させて居るんです。

泥棒を請け負いますよ、弁護士、裁判所も行政機関、国税も警察も、この犯罪も公認して、通して居るから、この犯罪委任、請負も、ここまで次々、実例証拠が揃い続けて居ます。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4702285
ユニークアクセス:3947519
今日
ページビュー:373
ユニークアクセス:364
昨日
ページビュー:810
ユニークアクセス:753

Feed