エントリー

犯罪請負広告鈴木商会

  • 2019/02/07 10:13

鈴木商会は今日、前回と違う、不用物品犯罪処理請負広告を、社会面に打ちました。

前回の広告は「事業所の不用物品、産廃扱い物品を、有料で搬出運搬処理請け負います、だったから、法を犯した請負部分もあるけれど、黙認しましたが」

今回は「古物買取、産廃区分で物品搬出運搬、産廃で処分を請け負います、こう広告が出たので”個人所有物も、法を犯して、産廃と偽り、処理を請け負うんだろうと察して、確認したのです”」

山本ー家財の運び出し、処分を頼みたいけれど、家財の処分を請け負ってくれるの?

鈴木商会受付ーはい、個人の不用品も、処分を請け負いますよ、え?廃掃法違反請負、ですか、個人緒所有物を、産廃と偽装して処理を請け負うと、犯罪なのですか、法務担当と変わります。

法務担当?清水ー個人が排出する物品は一般廃棄物、事業者が排出なら産廃、個人の所有物を、産廃と偽って処理は廃掃法違反だ、?役人委も合法な請負処理と、確認を取って行って居る、確認した役人の部署、氏名は教えられない。

清水担当ー誰が”当社が個人の所有物を、産廃とさせて処理する請負を行うと言った、環境事業公社を使い、個人の所有物を産廃と偽り、廃棄処理する請負を行って居るんだ”

※鈴木商会法務部清水課長の、之が答えです、環境事業公社を仲介させて、個人所有物を産廃と、偽装処理して居るから適法だ、定番になって居る、環境事業公社を仲介させての、犯罪請負隠しです。

この犯罪手法は「清水課長、共産党市議団が共に”前任の東田課長が、道庁、道警本部と組み、認めた、犯罪個人所有物を、排出者所有者を偽り、廃棄処理して良い、こう犯罪に許可を与えた結果の、昨年3月前後までの、行政ぐるみの犯罪公認の手です」

今の清水課長、共産党市議団は、この犯罪も認めて居ません、不都合な事実を証拠隠滅、偽造証拠作成、行使で逃げられて居る事も合わせ、犯罪行為を認めて居ません、犯罪撲滅に、法に沿い動いています。

鈴木商会も、ですが、廃棄物収集運搬業者は、犯罪に対して、全く禁忌が無い連中です、平気で犯罪に、確信案で手を染める人間の集団です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4700125
ユニークアクセス:3945446
今日
ページビュー:58
ユニークアクセス:58
昨日
ページビュー:990
ユニークアクセス:950

Feed