エントリー

犯罪の事業化、警察、司法、行政、報道ぐるみ、合法化に切り替えで

  • 2019/02/07 16:04

鈴木商会が、北海道新聞社と共謀して、家財等も犯罪処理前提で、請け負うと新聞広告を出して居ます。

遺品整理屋、便利屋、リサイクル業者、運送屋、不動産屋等が、おおっぴらに請負、犯罪の限りを警察、司法、各監督機関、報道から認められ、行えて居る事で、犯罪を請負、成功して、犯罪利得を得て、闇に消せている、犯罪を請け負います、広告です。

違法改造産廃運搬車を持って、車検証偽造で「この違法改造、過積載産廃輸送犯罪も、無い事と偽らせて貰えて、通って居る鈴木商会による、次の犯罪事業実施です」

犯罪産廃輸送車両事実を、警察、司法、行政、政治、報道ぐるみ、違法改造車を造り、車検証偽造で改造事実を消して、過積載運行が認められて居る「これで廃棄物処理費が安く出来ており、官民に喜ばれているから、違法改造車製造、購入、車検証偽造で違法改造、過積載運行を消したとされ、通っておる事も、正しい犯罪である、警察、司法、行政、政治、報道が、こんな理由で認めて居る、権力犯罪事業に邁進に加えて」

家財等を、犯罪を多数行い、処理請負する”事業”にも参入して来て居るんです、犯罪を事業と偽り、公然と実行して、国家権力が共犯で、犯罪を全部公認して居る中の一社、鈴木商会ですから。

次の犯罪請負を、こうして公に手掛けに走って居て、当たり前でしょうね、巨大な犯罪事業実施を、公式に認めて貰えて居る鈴木商会ですから。

犯罪者は、犯罪を行う事に、禁忌は無いのです、根っからの犯罪者集団だから、ですよね。

法務担当清水職員、鈴木商会は、犯罪に禁忌の無い、法の根拠ゼロで”正しい犯罪請負である、法の根拠は無いが、正しい犯罪請負である”こう言い張るだけの”法務担当”職員が、表でこんな虚言、カルトの戯言を吐くだけで、犯罪を続行して居るんです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4700077
ユニークアクセス:3945398
今日
ページビュー:10
ユニークアクセス:10
昨日
ページビュー:990
ユニークアクセス:950

Feed