エントリー

道庁、道警、帯広市、報道等が

  • 2019/02/08 16:28

単なる自称の”資格者を自分で名乗るだけ”の遺品整理士資格を、まるで国家資格以上の公的資格のように、上記権力で偽り、新しい資格者事業が出来た、遺品整理請負事業である、こう、詐欺そのものの喧伝を重ねて来て居ます。

遺品は「相続権者等が等しく、相続の権利を有して居る、相続財産であり、相続権も無い者が、横領、窃盗して、遺品整理屋等と言う、泥棒請負社に提供出来る財産では無いのです」

それを、遺品整理士、自称だけの資格者なら「相続されていない遺産金品を、横領犯、泥棒から提供させて、遺品整理屋が所有者と、偽りで出来ると、道警本部、道庁、帯広市役所、十勝全域町村、夕張市、報道等が、虚偽喧伝を重ねて来ており、実際”相続されていない遺産金品を、泥棒から遺品整理屋に提供すれば、遺品整理屋が所湯社と偽装して、通る”この犯罪を、上記公権力と法曹三者、裁判所、国税等ぐるみででっち上げて、犯罪請負を通させて居るんです」

義父母が死去して、相続権者である次男、長女が、青森県警、道警本部、偽造委任状で暗躍弁護士、札幌地裁、簡裁、家裁、裁判官連中の犯罪支援、加担を受けて、遺産金品強奪、闇犯罪処理他、悪事の限りに走り続けて居ます。

当社は、これ等の犯罪、国家権力犯罪も、詳細に犯罪事実立証を重ねて来ており、ようやくこのパターンの国家権力犯罪撲滅が見えて来て居ます。

相続されていない遺産金品泥棒請負、テレビ、新聞が大々的に、遺品整理士なら、相続されていない遺産金品泥棒請負が出来ます、こう宣伝に走って居るが、犯罪請負宣伝そのものですから、犯罪者の共犯だから。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4700086
ユニークアクセス:3945407
今日
ページビュー:19
ユニークアクセス:19
昨日
ページビュー:990
ユニークアクセス:950

Feed