エントリー

犯罪の制度化の根拠

  • 2019/02/11 08:30

義父母の土地、家に残っている物品も、泥棒相続人と家族、偽造委任状で暗躍弁護士、青森県警、道警本部、札幌地裁、簡裁、家裁、担当犯罪共犯裁判官連中が共謀して「泥棒に与して、犯罪処理請負業者を使わせ、犯罪処理未遂にも走って居ます」

日常的にこう言った犯罪を、警察、弁護士、検事、検察庁、裁判官、裁判所が首謀して、犯罪と承知で犯罪を行わせ、犯罪者と共に手を汚し捲って、普通は成功させて居ます、警察、司法権力を、犯罪に活用して、強引に成功させて居ます。

警察、司法を謳うが、思考形態、行動事実は、マフィア、組織犯罪集団、麻薬カルテル、暴力団と変わりません「犯罪の限りを、犯罪者と共に尽くして居るが、法に沿った理論構成から、何も無い、犯罪集団そのものなのです」

実家内外物品の、犯罪と承知での処分を、犯罪を請け負う業者を使い、行おうとしてしくじって居る、弁護士、裁判官、青森県警ぐるみの犯罪未遂も、法に全く適って居ないので、実行犯は「公式に犯罪処理を、とても行う度胸が無いから、逃げてしまうんです」

ですが、日本中で実際には「相続されて居ない遺産物品闇処分委任、請負も、日常的に出来て、通されて居ます、該当物件が所在して居る、市町村も共犯ですから、犯罪廃棄処理に、該当している市町村も、積極的に加担して、犯罪を成功させているんです」

今日纏めた、公に「相続されて居ない遺産物品を、泥棒から遺産金と合わせ、提供を受けて、闇に消す請負も宣伝して、公然と犯罪を請け負えている業者連中にしても”公に犯罪を請負、証明書も作り、出すように”と求められて、逃げているように」

幾ら警察、司法、行政、報道が共犯だから、公に犯罪処理を請負、証明書も作り、出す事と求められれば、摘発されない保証から、無いので逃げるんです、犯罪を請け負って居る事から、熟知して居ますので。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年08月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4553615
ユニークアクセス:3813284
今日
ページビュー:379
ユニークアクセス:369
昨日
ページビュー:1180
ユニークアクセス:1162

Feed