エントリー

実体験中

  • 2019/02/11 11:29

妻の両親が死去して、妻の兄姉が本性通り、遺産をかっぱらい捲る悪行に、それを糾弾し、被害を食い止めるべく動いている当社、委任した妻、4男を、警察、司法犯罪国家権力が共謀して、遺産泥棒側に、何時も通り公権力の悪用で立っており、犯罪を潰そうとするこちらが邪魔ですから、犯罪者だとでっち上げて、陥れるべく、権力犯罪を重ねても来ています。

最早定番過ぎる、犯罪者を警察、司法が共謀して擁護、犯罪に共に狂奔実例です。

実例で、警察、司法、行政テロ犯罪被害を受けて来て居ます、当時者とされて、権力犯罪被害を重ねられて居るのです「泥棒側の弁護士は”偽造された訴訟、調停委任状で、正しく法定代理人だと、強引にさせて貰えて、暴走し捲って居ます”犯罪を幾ら働いても、警察、司法が実行犯だから、犯罪責任は、一切負わされないんです」

こちらはこう言った「警察、司法犯罪であれば、当たり前過ぎる警察、司法が犯罪者の共犯、実行犯にもなる事の当たり前も、数多く実体験して来ており、織り込み済みです」

その上で「警察、行政、司法が、犯罪実行集団に犯罪特権を”あくまでも闇のみで与えて、犯罪の限りを尽くさせて、共に犯罪に手を染めても居て”犯罪を糾弾する人間を、言い掛かり、でっち上げで冤罪に落とす、警察、司法テロ実行も想定して有り」

まだ既遂とされて居ない、警察、行政、司法ぐるみ、遺産強奪等犯罪を、既遂とされないように手を打ち続けて居ます。

警察が司法権力の、テロ実行部隊、この司法犯罪は「既遂分は泣き寝入りしか有りません、未遂の部分を、法と実務知識を駆使して、既遂とさせないように、手を打ち続ける、之を知り、対抗策を物理的に構築して、遺産相続権も守らなければならないんです」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年04月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4182865
ユニークアクセス:3515566
今日
ページビュー:4364
ユニークアクセス:2447
昨日
ページビュー:4738
ユニークアクセス:2674

Feed