エントリー

相続遺留分と言う

  • 2019/02/12 16:11

遺言状を作り、他の相続権者の遺留分も、全部一人が相続権を得る、こう書いたとしても「他にも相続権者がいた場合は”相続遺留分は、減るけれど無く出来ません、減殺されて、遺留分が存在します”」

こんな当たり前を、知らない法律家も多数居ます、呆れる事に、之が現実です。

今、後妻業を、テレビドラマで放送して居ます、勉強になりますよ、色々と。

特に不動産は、他の相続権者と遺留分で、揉めるだけだから、後妻業の”プロは”不動産は残す、だそうです、基本的に。

足が付くしね、不動産の名義移転登記は、ですから「後妻業の本道は”現金と、現金化出来る遺産です”預金等は、解約してしまえば、預金先金融機関、口座の種別等が分かって居ないと、洗い出せないからね”」

後、生命保険は、後妻業の人を受取人として、掛けないそうです、生命保険狙いと、旧来からの「捜査理由が有るので、今時生命保険を掛けていない人、ほぼ居ないんですけれどね、捜査の手法が、半世紀以上同じだから」

公正証書遺言状を作り、遺産不動産を「他の相続権者の遺留分まで手に入れようとしても、他の相続人側に、相続の知識が有れば、全部手に入れるのは無理だから」

日本の遺産相続手続きは、多くの場合、出鱈目過ぎますね、まあ、警察、司法が法の埒外で、犯罪相続、遺産強奪に走って通して居る国ですからね、事前に自分の相続遺留分を、根こそぎかっぱらわれないように、遺産泥棒を、未遂で食い止める事です。 

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4706971
ユニークアクセス:3951632
今日
ページビュー:294
ユニークアクセス:277
昨日
ページビュー:1013
ユニークアクセス:960

Feed