エントリー

同じ構図

  • 2019/02/16 06:48

国土交通省が、青森県庁(県警も)と共謀して、産廃輸送車両は”過積載運行を常態化させる目論見で”あおりを高さ制限一杯まで嵩上、鋼鉄製の、頑丈な、過積載に耐えられる、数トンに及ぶ、頑丈なあおりを装着して居るが、二次改造車との事実を、車検証を偽造して、無い事とさせて来た。

この改造の目的は、標準車両の状態の、合法な積載量の、2~3倍産廃を、過積載運行する目論見での改造です、その前提なのに、あおり改造の重量を、車重に乗せて、積載量を減じれば、もっとあおり嵩上の意味を失います。

と言う、黒い目論見により「青森県庁(県警も)が、青森運輸支局、運輸省と共謀して”改造を無い事と、車検証偽造で、運輸省が偽造して、産廃輸送車量は、幾ら改造しても、車検証を偽造する手で、改造は無いと、公に偽装し捲って来たのです”」

こう言う理由で、日本中の産廃輸送トラックの大半、解体業者、廃棄物収集運搬業者の、廃棄物輸送トラック、混載用トラックは、あおりを目いっぱい、鋼鉄製で作り、嵩上されて、偽造車検証記載の積載重量、あおり改造分を減じて居ない(違法改造クレーン搭載車両は、クレーン分も減じて居ない)車検証偽造車両記載積載重量の2~3倍過積載運行されて、公然と通されて来たのです。

レオパレス21のアパートや、民泊建物や、グループホームの建物の多くが「防火施工違反、消防法違反だけれど、アパート、旅館施設で使えている事実と同様の、人命無視、金儲けだけを見た、無差別殺人組み込み、国家権力テロです」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年09月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4591798
ユニークアクセス:3847686
今日
ページビュー:128
ユニークアクセス:128
昨日
ページビュー:1188
ユニークアクセス:1135

Feed