エントリー

色々実体験で

  • 2019/02/17 06:29

日本の警察、法曹権力、各監督官庁、報道の、根本から犯罪集団振りが、実体験で理解させられ続けて居ます、遺産金品は、相続される前にかっぱらえば良い、泥棒が所有権を、法の規定は無効化と、法に沿わずされて頂き、無条件で犯罪利得を、無税で得られています。

遺産金品泥棒の手口、警察、弁護士、検事、裁判官、裁判所、関係監督官庁の、犯罪支援体制鶴寿により、強引に成功させて有る、泥棒で利得を無税で得られている、手口多数は、完全に犯罪、法律規定破壊の、荒っぽいだけの手口です。

相続遺産預金は”犯罪資金移転防止法が適用となる金額が、200万円を超えてから”となって居るので”一口座200万円までは、口座名義人偽造の手を、預金先金融機関、金融機関監督先、法曹三者、裁判所、警察が確信犯で共謀しており、使い、盗んで、泥棒が所有権を得られた、事と、国家権力悪用で、通されています”口座の数分、この手口で遺産預金は、かっぱらい放題出来ます。

遺産物品は「泥棒が先ず”遺産金一部と物品を盗み、遺品整理を謳う、泥棒請負業者に提供して、闇に溶かさせて、通って居ます”この犯罪委任、請負は”遺産相続に絡んだ弁護士、関係訴訟、調停先裁判所、担当裁判官、関係警察が共犯、実行犯で、国中で行われて、通されて居ます”」

遺産金品泥棒から、物品の闇処理を請け負っている、遺品整理請負犯罪は、一部の相続人、親族が、被相続人の遺産金品を「強引に、も含めて、独占占有して居る事を悪用させて、この犯罪を、おおっぴらに、他の相続権者が、遺産金品闇処理は認めない、と騒いでも、警察、法曹権力、行政が、国家権力悪用に走り、犯罪と承知で強引に成功させる事が、常態化して居ます」

遺産金品泥棒から提供受け、闇に溶かし、犯罪責任免責、脱税公認特権は、国家権力にとっても、犯罪を請負、実施する手駒が必要だから、と言う理由で、大々的に犯罪を請負、法の適用免責で、通されているんです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4662281
ユニークアクセス:3912049
今日
ページビュー:1124
ユニークアクセス:1012
昨日
ページビュー:1536
ユニークアクセス:1433

Feed