エントリー

国家権力が直接犯罪に

  • 2019/02/17 06:45

国家権力が、犯罪の制度化作りに、闇で暗躍し捲って居ます、手口の主体は「表向きだけ”正しい犯罪と、証明書偽造や、証拠隠滅の手を、国家権力特権を悪用させて、偽装して、強引に通す手口が主体です”」

犯罪を闇で実行して、犯罪を成功させて、犯罪証拠を消せば、犯罪は無かった、事で、警察、司法が強引に押し通すんです。

逆側で見ると「遺産金品を”占有出来て居れば、この犯罪を実行出来るのと、この犯罪を阻止出来るのです”この犯罪を成功させるには”遺産金品を、警察、司法も共謀して、一部の親族、相続人に、強制独占占有させる、警察、司法特権悪用加担が、多くの場合必要”となって居ます」

犯罪に手を染めても「直接証拠が、他の相続権者の手に入らない、その状況を、警察、法曹権力が、警察、司法権力を悪用させて、強制的に作り上げて、遺産金品泥棒、遺産金品を闇に溶かす、犯罪を成功させて、証拠隠滅にも加担して、犯罪は無かった、事で強引に押し通すのです」

根本から犯罪ですから、警察、法曹権力は、正しく遺産を相続処理しようとする側に対して「言い掛かりを持ち、冤罪粛清も突き付けて、犯罪者擁護に、強引に突っ走り続けるのです、大体こうなる時は、泥棒側に弁護士が就いており、弁護士犯罪利権獲得用の、警察、司法犯罪制度ですから」

まともな相続権者が、相続遺産を管理出来て居れば「事前にこう言った、警察、司法犯罪の手口を知って、対抗策を講じて行けば”遺産金品をかっぱらい、遺品整理請負業者、泥棒請負業者に遺産金品を提供して、闇に溶かさせて、警察、司法、行政ぐるみ、犯罪支援、犯罪隠匿に加担故、犯罪は無い事で強引に終えさせられている”」

遺品整理請負犯罪も、阻止出来る大きな可能性が、見いだせるのですよ。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年07月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5010046
ユニークアクセス:4228266
今日
ページビュー:323
ユニークアクセス:322
昨日
ページビュー:1301
ユニークアクセス:1269

Feed