エントリー

司法、警察犯罪で

  • 2019/02/17 07:38

@産廃輸送も”過積載用違法改造を、都道府県庁、警察、運輸支局、国交省、厚労省等が、公文書偽造、行使で消す手で成立させて、過積載運行させて有る””遺品整理は、遺産預金は、一口座200万円まで詐取を認められており、一口座200万円まで、何口でも?遺産預金詐取を無税で認めて通して有る、この金額内、請負額200万円まで、遺産物品闇処理請負、泥棒請負も、闇で認めて有る”等も分かりました

                                平成31年2月17日

〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
内閣府、安倍総理、山下法務、石田総務、石井国交、原田環境、根本厚労大臣
TEL03-5253-2111
〒100-8978 東京都千代田区霞が関3-1-1
藤井健志国税庁長官
TEL03-3581-4161

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

山下法務大臣、大臣官房秘書課、刑事、民事局
FAX03-3592-7393
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691
綿引万里子札幌高裁長官、宝塚誠地裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456
植村実札幌高検検事長、東弘地検検事正、特別刑事部宮本検事
FAX011-222-7357
和田昭夫道警本部長、生活経済、保安、交通、1,2,3,4課課長
TEL,FAX011-251-0110
原田環境大臣
FAX03-3593-8263 廃棄物適正処理推進課渡井、佐藤担当
FAX03-3593-8264 廃棄物規制課、家電リサイクル高橋担当
FAX011-756-0056 道労働局龍瀧、小田桐専門官
高橋道知事、道議会、監督権悪用犯罪闇制度化共犯
FAX011-232-1156 石狩振興局吉水主幹、道議にも配布
秋元札幌市長、市議会、保護、介護保険、障害福祉、犯罪委任続行
FAX011-218-5166 
FAX011-218-5105 環境局清水他課長
FAX011-211-3078 市税事務所、法人税安澤課長、脱税共犯
FAX011-218-5124 共産党市議団、ケアマネ犯罪委任禁止は

1、レオパレス21の問題、防火施工違反、消防法違反アパートと承知で、施工図、確認済み、検査済み証、消防局長同意通知、消防検査済み証偽造の手で「防火施工済み、消防法クリアアパートと偽り、通して来た事件と、鈴木商会、公清企業、北清企業、札幌運輸支局内木首席他が口を揃えて強弁して居る”産廃収集運搬車の荷台を目一杯嵩上して、ヒアブクレーン搭載も行って居るが、車検証上では、数トンある荷台搭載も、クレーン搭載も無い事となって居る、拠って違法改造、車検証偽造は無い、合法な産廃収集運搬車だ”この言い草、犯罪公認は、同じ詭弁で通って居ます」

2、人命への重大な危険を、公文書証明書偽造で無い事と偽り、国中で惹き起こさせて居ます、犯罪で利を得られれば、合法も、無差別犯罪被害も知った事では無い、意図が明確です。

3、当社の実体験、真逆の実体験複数にもより、相続されて居ない遺産金品泥棒請負の、闇での公認の裏等も、種々証明出来て居ます、下記が主な、警察、各監督機関、法曹権力、国税等が共謀しての「日本で行われ、国家権力が、犯罪を闇で認めており、遺産金品泥棒が通り、無税で犯罪利得を得られている、事実証拠です、これを知って居て、対抗策を事前に講じられれば、遺産強奪被害を、一定食い止められます」

(1)遺産現金、年金遺産は”泥棒すれば、泥棒が遺産金を、法に沿わず泥棒に所有権が移ったので、泥棒の自己所有金員、遺産金から除外、他の相続権者の相続権は消滅と、警察、法曹三者によって通されている”事実証拠が揃って居ます。

(2)ゆうちょ銀行、青森銀行、スルガ銀行、JA十和田おいらせ、北海道銀行、北洋銀行の証言も有り”遺産預金、認知症高齢者の預金は、一口座当たり200万円まで、泥棒が金融機関と共謀して、偽造解約書類を使い、預金先の共犯加担も得られて詐取出来る”口座の数分、之が出来て通って居る、こうして金を抜けば、金融機関は”口座名義人による、自己の預金引き出し偽装処理で通る”監督機関、警察、司法、財務省、金融庁、国税も公認の手。

(3)この預金詐欺、預金先が共謀で成功させて有る、預金者偽装で、一口座当たり200万円詐取制度は”犯罪資金移転防止法の適用は、200万円を超えた場合なので、一口座当たり200万円までは、口座名義人偽造の手で、預金詐取を預金先金融機関、警察、法曹権力、監督官庁が、闇で認めている、預金詐取公認の根拠手口”国家権力が闇で認めて有る、他者預金詐取適法制度である。

(4)遺産現金、遺産預金一口座当たり200万円(✖口座数金額が、この扱い)を限度とした詐取金は”犯罪利得だが、国税も共謀して、泥棒が所有権を得られて、無税で犯罪利得入手が通されている”

(5)犯罪で得た利得の洗浄等を目的とした、偽名口座開設、犯罪利得入金、犯罪資金洗浄も”200万円までの偽名口座開設、犯罪資金洗浄は、犯罪資金移転防止法適用外故、金融機関は、監督官庁、警察、司法から、闇で認められている”金融機関毎、支店毎に、一口座毎で之が出来て通って居る”後は偽名口座開設者が、自由に金を引き出し、犯罪資金洗浄が成功し、犯罪資金を闇に消せている。

(6)相続されて居ない遺産金品を泥棒して、遺品整理請負業者に提供し”遺産金品を闇に消して、警察、司法、行政がこの犯罪を通して居る、公権力自体も、相続されて居ない遺産物品闇処理委任もして、通って居る、この犯罪請負も、窃盗遺産金提供、犯罪委任額が200万円以内なら、窃盗利得入手責任を問わず、税務合法申告も不要”としてあるのです。

(7)合法な遺産物品相続手続き、正しく物品、処理等費用を相続させた処理は面倒なので、この遺産金品泥棒委任犯罪処理を、遺産相続調停、訴訟途中でも、闇で行う事等を認めて有るので、遺品整理請負実行犯が必要故、この請負の手口毎認めて有る、違法請負を税務申告すれば、相続人委任弁護士、裁判所、裁判官、役所等も拙いから、申告も不要で通して有る、と言う事です。

4、妻が警察、司法、金融屋、監督官庁共謀、遺産強奪、詐取等犯罪を持ち、受けている被害を主体で調べ、得た事実、答えです「遺品整理、泥棒請負無税で成立理由等も、良く理解出来て居ます」

5、当社はこう言った、法を所管している国家権力が、所管法を悪用して、各機関、国家資格者が共謀犯罪の手口も証明しており「被害者予備者の犯罪被害を、事前に食い止める事にも動いています、100パーセントの被害は、先ず食い止められて居ます”相続されて居ない遺産金品を、事前に公式証明出来て、一定分保全出来て居れば”100パーセントの被害は、食い止められます」

6、妻の相続遺産現金、預金、物品、不動産強奪被害は、警察、司法、遺産預金存在金融機関、監督官庁、国税が直接実行犯で、上記遺産を警察、司法が泥棒相続権者に、不当に強制独占させて、100パーセント遺産強奪成功を、と目論んだのです「遺産を一定保全出来て居れば、100パーセントの被害は、当社なら食い止められます」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4668004
ユニークアクセス:3917554
今日
ページビュー:130
ユニークアクセス:130
昨日
ページビュー:3281
ユニークアクセス:3152

Feed