エントリー

法律制定、施行に意味無し

  • 2019/02/17 09:18

幾ら法律を制定して、施行しても「弁護士犯罪が破壊される、合法は認めない、犯罪で弁護士利得獲得を、今後も続行だ」

之だけを強引に押し通す、親族と司法、警察共謀、親権者から子を強制誘拐制度強制続行、ハーグ条約加盟も無視、この現実共、遺産強盗制度も、同様です。

日本国、日本の金融屋は「犯罪資金洗浄を、おおっぴらに手助けしており、国際法治国家から、ずっと非難されて来て居ます、それをどうにかしなければと、政府は犯罪資金移転防止法を制定、施行した訳です」

ですが「金融機関の業務から、犯罪資金洗浄を無くされれば、特に法曹権力、行政が、犯罪で他者の預金詐取が出来なくなり、困るので”犯罪資金移転防止法は、一口座、一回200万円までなら、この法律は適用されないから”200万円までなら、偽造書類手続きで、他者の預金を詐取して、犯罪とならないのだ」

こう言う、犯罪で預金詐取正当化の手を、国中で使い捲り、他者の預金泥棒し放題、に走って居ます。

偽名口座開設、犯罪で得た金員預金、犯罪資金再移動で洗浄も「200万円までなら、偽名口座開設、犯罪資金入金、資金洗浄も、犯罪資金移転防止法に掛からず、し放題で通る」

と言う、犯罪をどう有っても共に実行、犯罪資金洗浄にも加担し続ける、犯罪者を養護して行く、に走っているんです。

遺産物品処分、泥棒委任、請け負い蔓延も「弁護士、裁判所、裁判官、役所は”合法に遺産物品を、処理費と合わせて正しく相続した上で、相続を受けた者が責任扱い、処理するこの合法手続きを、知らないし、やる気も無いし、と言う事で”犯罪処理を請け負う、遺品整理請負泥棒業者が必要なのです」

この委任、請負は、泥棒ですから「一請負当り、200万円程度までの、泥棒請負は”法の適用を免責とする、泥棒責任を問わない、犯罪利得申告も不要”泥棒を闇で成功させて逃げて良い」

こう言う、狂った警察、司法、監督機関、政治、報道、国税、国家資格者共謀犯罪が、闇で組まれ、行えて通って居るのです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年08月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5047323
ユニークアクセス:4262094
今日
ページビュー:133
ユニークアクセス:132
昨日
ページビュー:584
ユニークアクセス:576

Feed