エントリー

情報の恣意的操作

  • 2019/02/17 14:44

防火施工不要、消防法順守不要で、アパート事業の許可を出し続けた、グループホーム事業の現実です。

之が招いた結果が「グループホーム火災発生で、認知症の入居者多数焼死事件続発、之を招き続けました、当たり前ですよね、一番必要な、区画毎の防火施工をしなくて良い、消防法各規定の遵守も不要と、入居者を焼死させる、殺人アパート事業許可を出したのだから」

この行政犯罪を隠す為に、警察、法曹権力、報道が行った事が「防火施工違反、消防法違反の松明アパート火災により、入居者が多数焼死した事の原因は”スプリンクラー設置が無かったせいだ、防火施工違反、消防法違反が原因では無い”」

この、でっち上げプロパガンダを繰り広げ捲り、防火施工違反、消防法違反パート事業許可責任の、情報操作によるすり替えを、公然と重ね続けて来たのです。

で「昨年発生した、東警察署側のアパート、なんもさサポート経営アパート火災発生で、多数の焼死者が出た時も”昭和45年に、このアパート、それまでは旅館だった建物を増築して、アパートに用途を切り替えた時、現状不適合だった、防火施工違反、消防法違反となって居る、アパート用増築確認申請手続き受けで、全体の建物を、防火施工する必要が有ったのに”これをせず、確認済み、検査済み証明、消防局長検査済み合格証発行に走った結果」

火災発生で、丸焼けに、あっと言う間になった訳です「で、スプリンクラー未設置が原因だ、防火施工違反は問われない、消防法規定違反も問われない、こう情報操作に走ったけれど、当社が潰しました」

そして、民泊建物防火施工違反、消防法違反で営業許可を出して、通そうとしたが”札幌市消防が、ようやく消防法第5条の適用にも動き、防火施工違反、消防法違反緒民泊建物使用不可”と動いた訳です。

そして、レオパレス21アパート”も”防火施工違反、消防法違反施工で、アパート経営が、国中で認められている、火災発生となれば、入居者多数が焼死する危険が大きい”この発表が、ようやくされて、レオパレス松明アパート住人の、強制的退去が実施され出して居るのです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4662342
ユニークアクセス:3912110
今日
ページビュー:1185
ユニークアクセス:1073
昨日
ページビュー:1536
ユニークアクセス:1433

Feed