エントリー

犯罪利得洗浄

  • 2019/02/17 15:15

相続されて居ない遺産金品を盗めば、泥棒が所有権を得て、無税で闇に消せている。

認知症の高齢者の預金は、偽造書類を使い、一口座、一回当たり200万円まで、泥棒がかっぱらえば、泥棒が金を所有出来て「口座名義人が自分で引き出し書類を作り、使い、自分の預金を引き出したと、警察、司法、行政、報道ぐるみ、偽って通されている」

国税庁、税務署、地方税部署も、この他者所有預金泥棒を、公然と認めて、犯罪を無い事と偽り、犯罪利得全額を、泥棒が無税で手に入れられ、通す事を行わせて居る。

国家権力挙げて、この泥棒も、ここまで狂った手法を国中で行わせ、犯罪を免責とさせて、通して居るのです。

相続されて居ない遺産金品を、泥棒した者から提供させて、闇に消して居る犯罪請負、遺品整理請負も「遺産金泥棒から、基本?200万円程度を上限と、一応させて、この金で遺産物品闇処理請負を、犯罪を重ねる特権を与えて、成功させており」

犯罪利得も含めて、闇に消して良い、犯罪利得への課税、没収もしないから、好き放題泥棒請負に手を染めて良い。

こうされています、義父母の遺産強奪、泥棒多数被害受けを、妻がされて来て居て、私が犯罪事実を証明して、一定犯罪被害を食い止めて、警察、司法、行政ぐるみの産金品、不動産強奪、泥棒制度の詳細も、公に公開証明して来ている事で、ここまでの国家権力総ぐるみ、他者の財産強盗制度のからくりも、公式立証出来て居ます。

この国の警察、司法、行政、政治、報道には、合憲、合法は通じません、根本から犯罪組織化し切って居ます、出来るだけ多く、国家権力テロ犯罪の手口等を知悉して置き、自分と周りの人が、司法犯罪被害に落とされた時、少しでも不当な被害受けを食い止められるように、対抗策を構築して置くべきです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4668041
ユニークアクセス:3917591
今日
ページビュー:167
ユニークアクセス:167
昨日
ページビュー:3281
ユニークアクセス:3152

Feed