エントリー

闇の権力犯罪が

  • 2019/02/18 09:51

遺品整理、泥棒請負犯罪の追及も有り、様々な国家権力共謀、犯罪の制度化事実が、公にされ続けて居ます。

相続されて居ない遺産を、泥棒した者が、遺産泥棒各種の所有権者と、法を破戒させて、警察、司法、行政、国税、報道他によって、されて、強引に通されている「遺品整理請負業者、泥棒請負社も同様、犯罪で得た利得は、国家権力が強引に、泥棒が所有権を得たと、合憲、合法破壊を通して、してある」

他者の預金は「一口座当たり200万までは”口座名義人の身分を、預金先と共謀して、偽った書類手続きでかっぱらえば、この犯罪金は泥棒が所有権を得らrて、口座名義人が、自分で自分の預金を引き出したと、国家権力ぐるみ偽らせて、強引に通されている”」

主に”死んだ人の預金、認知症が悪化した人の預金で、この犯罪手法で金をかっぱらい放題出来ており、口座名義人自身による、正しい預金引き出しだと、偽造処理で強制的に、常に通されて、お終い”とされて居る、特に泥棒共犯弁護士用、犯罪で利得を、正しく得た事と偽られて有る、司法犯罪制度。

犯罪で得た金は「本支店毎に偽名、架空口座を、金融屋も共謀して開設して、一口座毎に200万円を入金すれば、犯罪資金洗浄が、国家権力の犯罪公認により、果たせている」

この犯罪公認は「犯罪資金移転防止法の適用は、200万円を超えたらなされるので、一口座当たり200万円までなら、犯罪指揮に店防止法の適用は、なされない、よって、他者名偽造書類で、金融機関ぐるみで金をかっぱらえば、泥棒が所有権を得て、犯罪とされず通るし、犯罪で得た資金の洗浄も、偽名、架空口座を金融機関ぐるみ、本支店毎に開設して、200万円まで入金して、引き出すを繰り返す、等の手で、犯罪資金洗浄が、国家権力の公認を得られており、正しい犯罪資金洗浄で認められている」

成程、普通に生きている人には、このネットで公開されて来て居る、他の国家権力犯罪と同様に、全く知り得なかった、警察、司法、行政、国税、報道他ぐるみの巨大国際犯罪制度です、まともな組織、人間なら、こんな極悪な犯罪の制度化なぞ、考えられもしません。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4705417
ユニークアクセス:3950172
今日
ページビュー:988
ユニークアクセス:615
昨日
ページビュー:1404
ユニークアクセス:1356

Feed