エントリー

合法な遺産相続は、法曹権力には、分からない

  • 2019/02/18 12:20

遺産相続、まともな事例がどれだけあるやら、相続人が全員まともで、相続を正しく終える知識と行動力が有り、遂行したなら、之が条件ですから。

弁護士、警察官、検事、裁判官、調停員等には、合憲、合法に遺産を証明して、正、負の遺産共に、正しく相続処理を果たせる知識から、実際には備わって居ません、相続の意味から、実はほぼ分からない連中です。

第一、相続遺産、正、負の遺産を証明するには、各分野の専門業者、資格者等が、色々関わる必要が有る事自体、弁護士、警察官、検事、裁判官連中は、知らない、理解出来ないから、合憲、合法な遺産相続処理を、この連中に求めても、通じる筈が無いのです。

この連中は、兎に角出来るだけ、遺産をかっぱらって自己所有とさせる、マイナスの遺産は、相続せず闇に消させる、遺産金を闇で抜いて、犯罪業者に闇で渡して、処理させる、得する遺産だけ奪い合いする、之が常なのです。

遺産相続では無くて、遺産泥棒、遺産犯罪処理委任です、合憲、合法な遺産相続処理では、全く無いんですよ。

この現実を、国中で「遺産相続手続きだ、こう偽る中に”一口座当たり200万円までは、偽造書類を金融屋と共謀して作り、使い、遺産預金詐取して、犯罪としない、泥棒が無税で窃盗遺産金を、自己所有と出来た、この警察、司法、監督機関、国税犯罪の不文律”をでっち上げて、凶行し捲り、強引に成功させて有るのです」

犯罪で得た利得金は、200万円犯罪資金を入れる為に「偽名口座、架空口座を、金融屋も共犯で開設して、200万円を入金、之で犯罪資金洗浄が、見事警察、司法テロにより、果たせています」

妻がこの一連の、警察、司法、監督機関ぐるみの、遺産強奪被害を受け続けて来て居ます、日本中で妻が受けさせられている、多数の警察、司法、行政が共謀しての、遺産強奪制度被害実例でも、警察司法テロの悪質さ、犯罪塗れ事実が、動かせない事実で証明されています。

警察、司法、行政、政治、報道、国税こぞって犯罪組織、犯罪者では、泥棒された遺産は、諦めるしか無いですしね、強奪されて居ない遺産緒、犯罪の手口を知り、対抗する手を講じての保全、之を主体とさせなければなりません。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4705442
ユニークアクセス:3950196
今日
ページビュー:1013
ユニークアクセス:639
昨日
ページビュー:1404
ユニークアクセス:1356

Feed