エントリー

司法犯罪被害

  • 2019/02/18 16:01

犯罪資金移転防止法は、200万円を超えれば適用なので、200万円までなら、他者口座名義人を、預金先金融機関と共謀して、偽造した書類を作り、金を詐取しても良い、この手続き?で、口座名義人が自分で預金を引きdしたと、帳簿処理偽造で通せる、国権力が認めて、国中の金融機関に共犯実行させている、金融詐欺の手口です。

200万円までの、犯罪で得た利得金は、金融機関本支店に「偽名、架空預金口座を開設して、各々の口座に、犯罪で得た資金を預金して、犯罪資金洗浄して、警察、司法、金融機関監督官庁、国税が共犯で、認められている」

国際的に禁じられている、犯罪資金洗浄ですが、日本の国家権力は、金融機関本支店毎に、架空口座、偽名口座の開設から、闇で認めており、各々の違法口座に、それぞれ200万円までの、犯罪で得た金を入金する手で、犯罪資金洗浄を、国家権力特権で、認めて通して居ます。

こうした犯、犯罪で遺徳を得る事も、犯罪で得た利得の洗浄も、法治国家の国家権力として禁じる処か「国家権力特権を悪用して、積極的に行わせて、法を破戒させ、支援に狂奔し捲って居ます、警察、法曹権力、金融監督機関、国税、報道挙げてです」

妻が警察、司法、行政ぐるみでの、遺産強奪被害に遭い続けて居る事で、こうした「この国の国家権力犯罪、金融犯罪事実も、実際の犯罪に遭遇して、警察、司法犯罪ロンダリング被害にも遭い続けて、実体験で知る事が出来ています」

警察、司法、行政、報道権力が集い、持てている権力を悪用して、ここまでの国家権力テロ犯罪を、闇で制度化して、法の破壊を武器で駆使して、成功させ続けて居ます。

これ等の国家権力は、行為事実が証明するように、完全な国際テロ犯罪集団です、事前に、どう言った権力犯罪被害が及ぶか、予想して、出来る限り、権力犯罪被害を食い止めましょう、犯罪被害が完遂されれば、被害回復は、警察、司法、監督官庁、国税による、テロ犯罪支援により、ほぼ無理ですから、犯罪者が犯罪利得も、全て手に入れられて、終わらせられます。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年09月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4591829
ユニークアクセス:3847717
今日
ページビュー:159
ユニークアクセス:159
昨日
ページビュー:1188
ユニークアクセス:1135

Feed