エントリー

正しく遺産物品相続も完遂が

  • 2019/02/19 15:32

妻が警察、弁護士、裁判所、裁判官、遺産預金所在先金融機関、関東官庁共犯での、遺産強奪被害、この犯罪を強引に成功させるべく、国家権力悪用犯罪被害続発、と合わせた被害を受け続けている、この権力犯罪被害の中には「遺産土地建物内外に有る、遺産他物品を、警察、司法権力の悪用により、廃棄物だと、独善で決めて、強制処分に走ろうとしている事も入って居ます」

物品も、当然遺産に入りますが「全体が、遺産強盗で、全部の遺産強奪を果たして、妻の遺留分等全て踏み倒す、ですから、遺産等物品目録も作り、正しく物品も相続させて、相続を受けた人間が、権利と責任を行使し、不用なら廃棄に回すも、認める気が無い訳です」

警察、司法、監督すべき官庁、国税、地方税部署こぞって「遺産相続とは、国家権力を悪用して、遺産を一部の人間が、強奪に成功するよう、犯罪を認める、国家権力犯罪に走り、加担する事で、相続権者の相続権を、根こそぎ蹂躙して、通す、之が遺産相続手続きだ」

こう、本気で勝手に思い、凶行三昧に走っているんです、日本中でこれに走り続けて居ます。

この現実により、後妻業や、遺品整理請負業、泥棒請負業も、大手を振って行い、遺産強盗が成功して居ます。

法に沿った遺産相続手続き完遂は、一部の相続権者が、司法書士、弁護士等とも組み、不当手段で遺産強奪に走れば特に、警察、検事、裁判所、裁判官カルトが、遺産強盗に全面加担に走り、他の相続権者を不当手段で粛清して、遺産相続権も潰して通す、之を凶行して来ます。

この警察、司法、行政遺産強盗に加担テロが稼働しており、妻も、権力テロで追い込まれて来ています、法律等無効化させた、事に強制的にされてです。

遺品整理請負犯罪、遺産金品泥棒請負の公然化、この権力遺産強盗制度も、妻の遺産相続犯罪多発でも、発動されている訳です。

他事案では、違う形で「負の遺産動産相続の、公式完遂手続き開始、として行っています」遺品整理屋犯罪は、認めません。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4702313
ユニークアクセス:3947547
今日
ページビュー:401
ユニークアクセス:392
昨日
ページビュー:810
ユニークアクセス:753

Feed