エントリー

法の裏付け証明には

  • 2019/02/20 08:37

法律問題に関しても、合否を証明するには、事実調査、法律の適用等、多様な裏付け調査、証明が必要です、一つの事柄で、合否、白黒決着は、多くの場合不可能なのです。

弁護士、検事、裁判官連中の頭は「思考する事自体、多様な事実、要素を絡めて、多様な仮の答えを置き、各答の合否を証明し、導き出し続けて、最良と証明出来る答えを導き出す事自体、出来ない頭です」

一つの事件、事案毎に、要素が複数存在するとなれば、その時点で思考が止まります、これを一生続けるんですよ、弁護士、検事、裁判官連中の大半は。

間違った覚え方も、変わり続ける法律、実務知識に沿った情報更新も、ほぼ出来ません、一回覚えた事を、一生買えられず、同じ事だけ繰り返すしか、実際出来ません。

公正証書遺言緒扱いもそれです「勝手に”公正証書遺言に記載された事が、唯一絶対だ”こうしか覚えた気になっておらず、相続権者が複数居れば、他の相続権者には、減殺遺留分が残って居る事も、大半の法曹資格者は、知らないのですよ」

で「この連中に追従して置けば、法を犯した、間違った手続きを取って居ても、責任逃れが出来るからと”法務局は、法に沿わず、登記名義変更を、流れ作業で行って居るし、金融屋は、口座名義人の身分偽装等を共に働き、他者名義預金を盗み、渡して居ます”」

まあ、金融屋は「公正証書が無くても、日常行為として、口座名義人の身分偽装の手で、金をかっぱらわせて居るけれどね」

複数の遺産相続事件で、上記犯罪被害者側で事実調査証明を行って来ており、良く知らされて来て居る事です、日本の司法、警察に、法に沿った正義実現は、ゼロレベルで無いです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年08月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5041967
ユニークアクセス:4257451
今日
ページビュー:1699
ユニークアクセス:1571
昨日
ページビュー:2050
ユニークアクセス:1948

Feed