エントリー

法に沿わせられないレベル

  • 2019/02/20 10:48

弁護士、検事、裁判官、検察庁、裁判所の実際のレベルは「憲法、各法律規定、実務に沿った法の正しい適用、社会正義をまともに実現、全部無理です」

スキルがゼロレベルの上に、要素が複数あるとなれば、組み立てて考え、理解が出来ないんです、本当に。

だから「常軌を逸した暴走に走るしね、もっと前に、事実確認から必要とも気付けず、いきなり暴走に走る事が常なのです」

法による順番を、きちんと守って、法律業務遂行が必須なのですが、間違った答えを勝手に設定して、その答えが正しく出来るように、事実から強引に作り変える、等に走ります。

出来る場合であれば「行政、政治を直接関与させれば、違法の暴走、警察ぐるみの犯座続発での、間違った答えを正解と偽り、押し通す事を、一定阻止出来ます、スキルが備わって居れば」

今回の依頼は、事前に手を打っており、司法の間違った暴走を食い止められるでしょう、順番が全く違って居ます、何時もの事ですが。

事案の内容が、札幌市役所、市議会も、公に巻き込めますから良かったです、保全も出来ており、妻のように、一方的被害受けともならないでしょうし。

司法、警察テロ犯罪被害防止の要件が、幸い揃って居ました、手遅れになる前に、公式に札幌市役所、市議会も、巻き込めたし、責任を負って居ます、札幌市、市議会も、良い事です、三権揃い踏みですから。。。 

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4662414
ユニークアクセス:3912182
今日
ページビュー:1257
ユニークアクセス:1145
昨日
ページビュー:1536
ユニークアクセス:1433

Feed