エントリー

当時者特定責任

  • 2019/02/22 16:19

相続遺産に「家財多数、建物、解体しなければならない建物、負の遺産が有り、相続権者の誰かが生活保護受給者、と言うケース”遺品整理請負業なら、とても張り切れるケースです”」

被相続人が死去後、3カ月以内に原則「正、負の遺産共に、全て相続放棄する、家裁手続きを取り、認めて貰って居なければ”他にも相続権者が居て、正の遺産遺留分は貰うが、負の遺産遺留分は要らない”こう言われれば、負の遺産相続が必要でしょうね」

となれば「債権債務がお金で有れば、債権者は”保護受給者からの、遺産債権回収は、諦めてくれるでしょうから良いけれど、家財、家屋解体費の債務は、物理的に必要ですからね”諦めて終わり、は無理でしょう」

この事例を、当社の持つスキルを駆使して、作りました、さて「負の遺産家財と言う相続財産を、保護受給者の相続人も、自分の遺留分を相続が必要、となって居ます、家財は処理が必要な、売れない物品ばかりです、市が、公費で処理費を出すしか有りませんよね」

法に無い、保護受給者の家財処理費拠出公共事業を、この事案では、二名に対して適用が必要でしょう。

こう言った事例で有れば「不動産明け渡し強制執行手続きで、占有場所に有る物品全てを”所有者不明のまま強制搬出して、違法廃棄処理実施は、裁判所、国としてでも、難しいでしょう”まして、家財処理費の一部、保護受給者相続遺留分-相続分の支出は、税金支出です”」

債権者に不当な負担は、負わせられませんから、しかも「代理債務者が地方自治体です、今までのような、搬出処理物品所有者不明で強引に搬出、処分実施は、難しいでしょう、今後は」

また当社の、日本初であろう事例が出来上がりました、打つべき手は、既に打って有りますし。

之から同様事例に備えて、国、地方行政機関が、大慌てになるでしょうね「保護受給者が、負の遺産相続をしなければならない、家財相続処理、家屋相続、解体処理費を、行政が代行で負わなければならない、良い実例を作れました」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年08月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5047329
ユニークアクセス:4262100
今日
ページビュー:139
ユニークアクセス:138
昨日
ページビュー:584
ユニークアクセス:576

Feed