エントリー

妻の実例と

  • 2019/02/22 16:37

妻の両親が、相次いで死去して、兄、姉と家族、警察、偽造委任状で暗躍弁護士、札幌家裁、簡裁、地裁、担当裁判官他がぐるになり、遺産強奪に突っ走り続けて居ます。

この犯罪を成功させる、国家権力がバックアップ、遺産強奪成功に持ち込む手口は先ず「遺産全てを、法を犯して独占占有する、之が必要です”次男、長女側は、警察、司法、行政他が共犯で、之を強引に成功させられています”居直りXX以下の、国家権力テロです」

妻が受け続けている、相続遺産遺留分の、国家権力バックアップテロ、遺留分全て強奪しに走られて居る、権力テロ被害受けは「遺産全てを次男、長女側に、強制占有されて居るから、向うは成功させられて居るのです」

一方、当社が請けて居る、別の事案の場合は「遺産の多くを”不当な行為に走って居る連中から、守れています”妻の逆バージョンですね」

そして「相続権者の中に複数、市から保護費給付を受けている方が居ます、相続遺産家財の処理が必要ですが、保護受給者さん複数の、負の遺産家財処理に要する費用拠出は”市が負担する訳です”法に無い、違法業者を使い、法を犯す家財闇処理用、違法家財処理費拠出制度を使って、出すしかないでしょうね」

この状況なのです「強制執行実施、所有者が誰か不明のまま、強制搬出、処分実行は、裁判所としても、行政相手で実行は、難しいでしょうね」

妻の警察、司法テロ被害続発とは違い、こっちは被害を最低限に、上手く押さえられるでしょう、で、市との協議も、公式に行って行く訳です、当社が窓口で、請け負った範囲で。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4702412
ユニークアクセス:3947641
今日
ページビュー:500
ユニークアクセス:486
昨日
ページビュー:810
ユニークアクセス:753

Feed