エントリー

遺産強盗は、事前に被害防止がどれだけできるか

  • 2019/02/23 08:16

遺産相続が発生した後、一部の相続権者が司法書士、弁護士等と組み、遺産全ての強奪に走る、こうなると「警察、預金先金融屋、監督機関、法務局、国税挙げて、遺産強盗の支援に狂奔します」

法なぞ無いのと同じ、この連中に、合憲、合法は、元から備わって居ないですから、遺産強奪、強盗、詐取、窃盗の完遂に向けてだけ、暴走し続けるのです。

妻もこの被害を、ずっと受け続けている通りです「偽造委任状で暗躍弁護士と、青森県警、北海道警察、裁判所、裁判官が共謀して、遺産強奪を完遂させるべく、悪行の限りを尽くし捲って居ます」

この連中が、犯罪に手を染めた事実から証明される度「法の規定破壊が果たされた、神の弁護士の意を受けて、裁判官が、法の規定破壊を決定した、これを重ね続けて来て居ます」

妻は、遺産を何一つ押さえて居ません、ですから「多くの遺産強奪は、未遂と私がさせて居ますが、不動産強制占有、権利書所持、残りの遺産預金通帳、印鑑占有、遺産関連現金所有、使用し放題公認を、次男が認められており、これ等遺産を、全部強奪しようと、犯罪の限りを警察、司法、行政他が尽くし捲り続けて居ます」

こんな権力犯罪が、日本中の遺産相続問題で、国家権力が直接テロ、犯罪に、犯罪者の下僕と化して走る事が、国中で起き続けて居ます。

一旦この権力ぐるみテロ、遺産強制強奪に走り出せば、法曹権力テロの仕組みの稼働で有り、法曹が根本から、財産所有権、遺産相続法律各規定、ほぼ何も知らず、遺産強奪に走って来て居る事を、絶対認める訳に行かないので。

遺産強奪完遂まで、悪事の限りを尽くし続けて、他の相続権者の、相続の権利潰し、遺産強奪達成に向けて、暴走を重ねるばかりとなるのです。

今回請けた事案は「正しい”遺品整理請負”のスキルを活かして、事前に、遺産相続を謳うが、司法、警察、行政他が共謀して、遺産合法相続潰しの為、犯罪の限り実行を、どうやら食い止められるでしょう」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4702324
ユニークアクセス:3947556
今日
ページビュー:412
ユニークアクセス:401
昨日
ページビュー:810
ユニークアクセス:753

Feed