エントリー

財産目録作りから

  • 2019/02/23 08:31

遺品整理を謳う、要は金品泥棒請負にしても「遺産となる金融資産、不動産、物品”正、負共”これの調査から、きちんとせずに”相続が終わる前に、闇で遺産金を抜き、遺産と勝手に決めた物品を、闇処理請け業者に提供して、闇に消させて居る”んですよ、之が遺品整理委任、請負の実際です」

テレビ局、新聞社等が「遺品整理請負は正業です、個人の所有不要物一括処理請負と共に、どんどん委任して下さいね”遺産相続が終わる前に、遺産金と物品を盗んで、遺品整理請負業者に渡して、闇に消させて下さいね”こう、堂々と報道、宣伝して居ますけれど、泥棒です、単純に」

遺産の特定、証明が先ず必要で、遺産を相続する人の証明、特定も、合わせて必要です「公正証書遺言状が有っても”記載内容が100パーセント合法で、100パーセント効力が有る場合ばかりでも無いしね”」

こう言った、財産権所持証明や、遺産相続に関わる法律知識や、実務法律の、正しい適用知識が、凄いレベルで必要なのですよ、遺品整理屋等と言う、三流以下の犯罪者には、望むべくもない、必須の法律知識です。

法曹権力、警察官連中には「上記等も合わせ、法律の正しい適用から、本当にほぼ知らないで、司法書士、弁護士が、思い込みで言ったから正しいのだ、之を絶対と勝手に狂信して、司法、警察犯罪で染め上げた、遺産強奪、詐取テロ達成に走って居ます」

遺品整理請負屋も、この現実が有るから「兎に角”相続が終わる前に、遺産金品緒特定、証明をされる、する前に、遺産金品をかっぱらった身内から提供させて、遺産金品を、犯罪を重ねて闇に消せば、警察、司法は、犯罪全てを闇に葬る”こう闇密約が出来ており、おおっぴらに遺産泥棒請負を、しのぎと出来て居るのです」

遺産に該当する現金、預貯金、有価証券、動産、不動産の特定、証明した上で、目録に記載、相続権者特定、証明から、遺品物品処理等請負にも、必須に決まって居るのです。 

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4705439
ユニークアクセス:3950193
今日
ページビュー:1010
ユニークアクセス:636
昨日
ページビュー:1404
ユニークアクセス:1356

Feed