エントリー

遺産相続に関する

  • 2019/02/23 09:44

東京、大阪等では、遺産相続に関わる各書類作り、遺産調査、証明等のアドバイス、調査を請け負う事業者が、雨後の筍状態で林立して居ると聞いています。

まあ、法曹三者、警察、裁判所、各行政機関の、あまりにも酷い現実が示すように、有んなレベルの国家権力、法律家ですからね「正しい遺産の証明と、目録作り、正しく遺産を相続処理する為の、遺言状等作成は、弁護士他国家資格者の、無知蒙昧を超えた実態です、きちんと実務法律から、理解して居る所に、法の範囲で委任しなければ、遺産相続は、ぐちゃぐちゃに混乱し捲るばかりに陥ります」

遺言状が無いなら、法定遺留分で相続を行い、終えれば良い、法の規定通り、な訳ですが「妻がされて居る、警察、司法、行政他が共謀しての、遺産強奪達成用、テロ攻撃、犯罪の数々被害受けでも分かるように”法定遺留分の相続も、この連中は、知らないから犯罪攻撃を重ねて、潰しに暴走し続けるのです”札の来ない、成功させて居る、司法、警察、行政、国税他共犯の、一部の相続人に、犯罪の限りを尽くして、遺産全てを強奪入手させる事を目論んで、です”」

そして「中途半端な公正証書遺言状の記載、なのですが”法曹三者、裁判所、司法書士等もですが、それも理解不可能なレベルが実際だから”この公正証書遺言で、正の部分だけ、遺産を全部手に入れられた”」

こう錯覚して、法曹資格者ぐるみ、暴走に入るんです、黙って居れば、警察、裁判所、裁判官も、合否も何も理解不可能だから、法を犯して遺産全部、正の遺産だけ強奪に、暴走して突っ走ります。

日本の、遺産相続に関わる法律規定から、ほぼ何も知らない法曹権力、警察、行政、報道他による、遺産正の分強盗テロは、こう言った事実により、国中で、一部の遺産強奪者と、国家権力が共犯となり、凶行され続けて居ます。

当社は”妻の遺産強奪被害他国家権力テロ事件”と、似て非なる”遺産不正強奪予定で暴走予定の事件”も、現在扱って居ます、当社の豊富な実務知識を、正しく生かせています、結果はまだ出て居ませんが、打てる正しい防御策の手は、色々打って有りますので、一定の、遺産強奪被害防衛は、現状果たせています。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4702382
ユニークアクセス:3947611
今日
ページビュー:470
ユニークアクセス:456
昨日
ページビュー:810
ユニークアクセス:753

Feed