エントリー

強制執行の相手方特定も、出鱈目で

  • 2019/02/23 14:07

相続物品の特定、相続権者の特定、相続する各々相続物品を相続する物の特定、証明、之も無しで「不動産明け渡し強制執行を申し立てれば、ほぼ事実確認、証明無く、受けて、強制執行を認めて、該当場所に有る物品を、所有権者証明無しで、強制搬出して、処分しても居ます」

相続されて居ない遺産物品であれば、当然ですが、相続権者全員が、推定相続権を、全物品に対して有して居るのに、法の規定も無視して、相続される前の遺産物品も、犯罪処理されて居るのです。

妻が受けている、同様被害の場合では「遺産他物品が存在して居る、相続遺産不動産を、次男と長女に、警察、偽造委任状暗躍弁護士、裁判所、裁判官連中が、法の破壊を重ねて強制独占占有させる手を講じて、遺産他物品の調査も、権力テロを用いてさせず、強制廃棄に走ろうと、暴走して居るのですよ」

物品特定をさせない、よって「遺産他物品は、全部廃棄する物品だと、次男、長女、警察、司法が独善で決定した、妻がどう言おうと”遺産他物品が何かから、一切公式証明出来ないから、妻には異議を申し立てる権利も無い、相続対象遺産物品では無いんだ」

こう言う、警察、司法テロ決定の手を使って居ます、居直り強盗以下です。

他受任事案では「不当な追い込みを受けている相続権者さん、委任された方が”相続遺産不動産、動産を管理して居ます”ですから”事前に、公式な対抗策を講じる事で、強盗と変わらない被害受けを、一定防止出来るのです”」

当然ですが、対象となる相続されて居ない遺産物品の、公式証明と、保全手続きも出来る訳です、妻の被害受けと違い、こちらは居直り強盗以下の、警察、司法テロ被害受け100パーセントとはならず、一定正しい相続手続きが通るでしょう「札幌市役所、市議会も、負の遺産、相続処理費用負担責任者ですしね、法に無い、保護受給者の家財、違法処理費支出制度で、遺産家財一定処理費代行拠出責任を、市、市議会が負って居ますから」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4702408
ユニークアクセス:3947637
今日
ページビュー:496
ユニークアクセス:482
昨日
ページビュー:810
ユニークアクセス:753

Feed