エントリー

個人が所有する物品処理請負は

  • 2019/02/24 08:54

裁判所と、札幌市役所事業廃棄物課、前任者東田課長は「個人が所有する物品の闇処理に際して、執行官を、無許可の産廃収集運搬業者と偽らせて、強制執行搬出物を、産廃、執行官が排出者である、こう偽り、闇処理して居ます」

当然、廃棄物及び清掃に関する法律の、25条1項が適用されて、事業者は3億円以下、個人は一千万円以下の罰金刑と、5年以下の懲役刑が、併合で科せられる犯罪行為です。

国、裁判所が、政令指定都市の一課長と共謀して、ここまでの極悪犯罪も、公に、公務で実行し捲って居ます。

万人が見倣える、法律的には重い刑事罰則が適用となる、犯罪行為です「法を犯して個人の書湯物を、国なのに犯罪処理する、闇の手口を、こんな手で編み出して、国中で実行し捲って居ます」

犯罪行為ですが「国が、裁判所が公務で行い、通されていますから、どんどん皆で”無許可で、廃棄物収集運搬事業届け出を出せば、もう廃掃法第25条一項も、不適用特権が得られます”」

こうしてどんどん、国家権力が共謀しての、国家権力犯罪制度が編み出されて、国の闇で凶行され捲って居ます、国民も次々見倣えば良いのです。

国、裁判所が首謀者です、この犯罪の手口を講じれば「人様の所有物を、公に強奪して、闇処分出来るのです、物品所有者偽装、個人所有物闇処分を隠す為、無許可産廃業者が排出者の、事業廃棄物と偽って、処分、証拠隠滅出来るのです」

今日の文書記載内容は、この国、裁判所ぐるみ犯罪他を、事前に食い止める目的を先ず主眼としての、法と、法によらない行政税金拠出制度公式実行の為の手です。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2020年09月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5106749
ユニークアクセス:4313388
今日
ページビュー:945
ユニークアクセス:900
昨日
ページビュー:1222
ユニークアクセス:1142

Feed