エントリー

遺品整理請負とは

  • 2019/02/24 15:20

        @所謂遺品整理請負の、正しい請負実例紹介

;委任者様の同意を得ており、当社受任、相続前の遺品整理事案の、法に沿った事業紹介します”遺産物品の引き取り処理前提調査から、請け負いましたが、下記遺産相続手続きから、先ず終えなければ、遺産物品引き取りは、不可能です”

;相続がまだ終わって居ない、ほぼ遺産が残って居ないと思い、放置して来た結果、二件の絡み合った遺産相続手続きを、合わせて行う事となって居る、当社の助言により、相続手続きを放置して有った、二件の、絡み合った遺産相続手続き開始に付いて、内容等を概略解説します。

;何年も前に父親が死去して、相続権者以外に、主な遺産だった土地建物のみを遺贈して、残りの遺産預金、現金、年金の最後の給付金等の相続は、ずっと放置して来て有りました。

;この、不動産のみ遺贈、公正証書遺言での遺贈内容では、他の相続人複数の、減殺遺留分は、消えて居ませんでした”この、公正証書遺言での遺贈内容だと、遺贈された相続権者以外の人の、減殺遺留分以外の遺贈割合は、法の規定では五割です”他の相続権者の減殺遺留分を請求されれば、現金で不当利得入手分、返還責任を負って居ます。

;つまり”この遺産相続手続きでは、遺贈遺産不動産に付いて、他の相続権者には、減殺遺留分請求権が存在して居ますし””遺産預金、現金、年金最後の給付金、遺産動産の相続手続き”も、残っている訳です。

;後に、上記被相続人の奥方も死去されましたので、こちらの遺産相続手続き処理も、合わせて必要となって居ます”上記遺贈不動産減殺遺留分四分の一も、この遺産相続に、入って居ます”

@当社は、この状況に鑑み、遺産調査、遺産証明を果たして、最終的に行政書士を委任して、遺産目録を作って貰い”遺産物品の相続が終われば、遺産物品相続権者との間で、遺産物品だった、相続済み物品引き取り請負を実施します”何時になるか分かりませんが、現在は調査関連主体で請負、動いています。

@なお、この遺産相続事件二件では”相続権者複数が、保護費給付を受けており、遺産物品相続後、処理に要する費用は、保護費から給付を、制度上は、他同様実例が、多数実施されており、受けられる可能性が有ります”市役所、市議会等と、保護費での家財相続後、物品請負引き取り等の費用拠出協議”も開始して居ます。

@遺品整理請負を謳うなら、こうした法律手続きから、知って居なければならないのですが、実態は、他事業者は、ほぼ何処も知らない合法手続きです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4662354
ユニークアクセス:3912122
今日
ページビュー:1197
ユニークアクセス:1085
昨日
ページビュー:1536
ユニークアクセス:1433

Feed