エントリー

遺産は強奪者、泥棒が犯罪入手で所有権者

  • 2019/02/26 09:52

日本で行われて居る、遺産金品扱いの実態は「利の部分のみ、強盗、詐取、泥棒し放題、犯罪を好き放題凶行して、遺産を強奪し放題出来て居ます」

で、負の遺産は、弁護士、検事、裁判官、裁判所、警察、監督官庁等が、遺産強盗と合わせて共謀しており、放り出せば通ると、公式にされて居ます。

二件の遺産相続事案でも、この国家権力犯罪が、例外なくですから、凶行され捲って居る訳です。

妻の被害実例では、今も変わらず「遺産金強奪、使い放題し続けらていて、警察、司法、行政の公認を受けて、通り続けて居ます、何れ家屋解体費、物品処理費と言う、負債処理が降り掛かるけれど”弁護士、警察、札幌の裁判所、裁判官等、遺産預金先金融屋、金融庁、財務省他が、遺産金は強奪、詐取、窃盗したら泥棒が所有権を得る、どんどんこの犯罪を重ねて良い”何れ発生する、家屋解体費、家財処理費分も含めて、泥棒が使い捲り、盗み捲って良いのだ」

これを公言出来ており、強制的に通され続けて居ます、法曹権力、警察、行政が共犯で通し、通させて行っています、公文書で証拠も残しながらの、国家権力犯罪を続けて居ます。

もう一例では「遺産家財の遺留分負債処理と言う、保護受給者も当事者と言う、札幌市保護課が、保護受給者の相続分、家財処理費支出責任を負うであろうと言う、楽しい、日本初の事例が、当社の尽力によって作られています」

こっちのケースでは「減殺遺留分と、被相続人の遺産金複数の相続も、残って居ますから”札幌市は、負の遺産支出と合わせて、正の遺産、不当利得となった遺産金の扱いも、公式に存在して居る、当事者の立場なのです”遺産不当利得入手者との、種々協議責任も有る訳です」

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年09月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4591742
ユニークアクセス:3847630
今日
ページビュー:72
ユニークアクセス:72
昨日
ページビュー:1188
ユニークアクセス:1135

Feed