エントリー

日本で実際に行われ、合憲、合法破壊の手で強制決定の実例

  • 2019/02/27 06:09

@日本国で実際に行われ、合憲、合法の徹底破壊を法曹資格者、警察が主体で実行し、通されて居る、犯罪で構成された遺産強奪、完全不整合を来して居る、札幌の法曹権力主導、遺産相続二例で解説、相手方弁護士が治外法権、合法を遵守、逆の弁護士故、就いた弁護士の指揮に裁判所、裁判官、警察他が無条件追従、法曹権力の実務の結果

                                平成31年2月27日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

山下法務大臣、大臣官房秘書課、刑事、民事局
FAX03-3592-7393 憲法、法律規定は間違い、法務省の実践
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691 司法遺産相続は、合憲破壊で強制決定
綿引万里子札幌高裁長官、宝塚誠地裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456
植村実札幌高検検事長東弘地検検事正
FAX011-222-7357
山岸直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3,4課課長
TEL,FAX011-251-0110
高橋道知事、道議会議員、遺品整理等犯罪の制度化実行
FAX011-232-1156 石狩振興局吉水主幹、道議にも配布
秋元札幌市長、市議会、保護、介護保険、障害福祉、犯罪委任課
FAX011-218-5165
FAX011-218-5105 環境清水他課長、偽造廃棄も犯罪
FAX011-211-3078市税事務所法人税、、偽造申告先安澤課長
FAX011-218-5124共産党市議団、遺留分減殺請求とは、も解説 

1、公に、合憲、合法以前で始まって居る遺産相続事件「法曹権力、行政、警察も、関与して居る”内容は全く整合性が取れない、理由は、相手方弁護士の資質、法知識、思考力のレベルが違う、裁判所、裁判官、警察も、憲法、法律規定では無く、出た弁護士の指揮に、無条件で追従する故”の実例証拠等を、幸い公に証明して良いと、当社委任者から許可を得て居ますので、要点をに実例も持ち、解説致します」

(1)相続権者の内複数が、札幌市保護課から、生活保護費を受給して居る、二件の遺産相続事件では”一人の被相続人所有土地建物のみを、公正証書遺言で、相続権の無い親族に遺贈しました”遺言で、土地建物のみを手に入れた、筈の方は、登記を自分名義に変えて”100パーセント自己所有と、弁護士を委任して、主張して来ました。

;日本国の遺産相続法律規定では”この、公正証書遺言状での、不動産のみ相続受けで、他に相続権者が居て、相続権を公式に放棄して居ないら、減殺遺留分、遺言状無き場合の、半分の相続権を有して居ます”遺言状で遺産不動産を手に入れた方と、就いた弁護士は、この法律規定も、知らなかったのでしょうね。

;後妻業?の方は”就けた弁護士が、他相続人には減殺遺留分が有る事も知っており、他相続人から、減殺遺留分請求を受けると、返還して居ます”法に沿わず、減殺遺留分を返さず、刑訴法事件化が困るから、です、法曹三者、警察より、こうした法に詳しい故です。

(2)公正証書遺言状に”XXに遺産全てを遺贈する”と書いたからと、遺言者が死去後、遺産不動産登記変更、預金を根こそぎ偽造書類で解約、金員入手、他相続人の遺留分も根こそぎ入手、之が日本中で横行し放題、他相続権者の減殺遺留分は、不当利得なのですが、裁判官、検事、警察、金融機関監督金融庁、財務局他は、この法律規定も知らないので、法をまげて遺産を全部提供、減殺遺留分返還請求を起こしても、多くの場合、法によらず棄却される、一旦手に入れた遺産は、法によらず入手者が無条件で所有権者、こう判決される、たまに認められても、強制執行を認めない、遺贈された人に就いた弁護士が、法を守らなかったと認めない為、等が理由で、遺留分回収が、ほぼ出来なくされて居るのが現実。

(3)この法破り法曹権力制度が、どんどん問題化されて”今年7月から、遺留分減殺請求では無く、不当利得返還請求と、法の扱いが変わります”が、法曹三者、公証人、調停委員、警察他は、半世紀以上法によらない相続手続き?のままです、就いた弁護士の、無法指示にのみ、無条件で従うだけなので、実効性は疑問です。

2、当社が”二件の遺産相続手続き、遺産物品の合法証明、合法相続完遂、負の遺産として相続を受け、各相続権者出費で処理等”を主体で、先ず調査等を請け負って居る事件では”遺贈者が付けた弁護士は”取り敢えず、公正証書遺言状記載内容では、受任行為は強制完遂は、出来ない事等を理解出来たようです”法を犯して気付かず、警察、裁判所、裁判官と共謀して、遺産強奪に狂奔、妻実例とは、今の所違って居ます。

3、先ずは、未手続のままの、二件の遺産相続手続きを、遺産物品、金銭等の確定を果たして、負の遺産から相続、相続権者の権利、責任、費用支出で処理等完遂、之が先に必須、遺産家財処理責任者には、保護費給付札幌市も入って居るのですから。

4、この事案でも「当社以外”不動産のみ遺贈遺言状では、他相続権者が持つ、減殺遺留分は消せない”事から、知らなかったのが実際です”この事案では”保護法によらない、札幌市保護事業での、保護受給者の家財を、法を幾つも犯して税金処理実施事業(正の遺産も法律上、残って居るので、より面倒です)も、正しく適用されるので、司法、警察の暴走は、札幌市、市議会も公式な相手です、難しいでしょうね”まだ裁判所、裁判官、警察等が暴走前でしたし」

5、妻が受け続けている、司法、警察、行政他が共謀、遺産強盗被害事件では「偽造委任状での暗躍を、法務省、札弁連、道警、札幌検察庁、札幌家裁、簡裁、地裁、担当裁判官が、今では公式に認めている、妻の相手方相続人委任?弁護士の、治外法権指揮に、青森県警、道警、札幌家裁、簡裁、地裁、担当裁判官が、合憲、合法破壊に無条件で従い、暴走し続けて居ます、偽造弁護士訴訟、調停代理人委任状も適法、との実例も、之で出来て居ます」

6、この、妻が受け続けている、治外法権遺産強奪被害事件では、司法、警察、行政他が、相手方、委任弁護士の指揮に従い、法を多数犯して通し「遺産金員を、訴訟、調停提起後も、相手方と身内らに、法を犯させて入手させ続けており、この遺産金員の自由使用、家族旅行、飲食、買い物等に散在公認も、強引に通させ続けて居ます」

7、併せて「遺産不動産、動産を、法によらず相手方の占有と強制決定しながら、不動産、動産相続は不要、何れ強制執行等で処理が必要だろうが、その前に遺産金員を、相手方、委任弁護士等に、札幌家裁、簡裁、地裁、担当裁判官が、偽造委任状で暗躍弁護士と、公式に共謀しており、遺産金員を、犯罪によって好きに入手、消費させて、負の遺産処理費を消失、違法入手遺産等金員を隠匿させて、国、東北町、妻らに、違法に負の遺産処理負債を背負わせる、ここまで無法、警察、司法暴走を重ね続けて居ます”日本中で相続されて居ない、遺産土地建物、家財が溢れ続けている原因、理由の実例です”」

8、何れこの警察、司法、行政他、遺産強奪、自由消費、遺産金員隠匿公認、強制正当化の付が「負の遺産建物解体、家財処理費、相続されて居ない土地の扱い等で、国、東北町、妻らに、不当に降り掛かって来ます、妻、子等にこの警察、司法犯罪の、不当極まる付が回り、再度司法犯罪被害、負の遺産を妻子に、違法に背負わせる被害に落とされぬよう、対抗する証拠作りを、当社で行っても居ます」

9、日本中で同様の、遺産強奪者に就いた弁護士指揮犯罪、犯罪指揮に警察、裁判所、裁判官他が、無条件で追従し、合憲、合法破壊を強制達成、何れ負の遺産処理責任も、国、地方自治体、違法遺産強盗被害受け相続権者に回される、弁護士指揮犯罪被害が発生し続けて居ます。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年09月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4591825
ユニークアクセス:3847713
今日
ページビュー:155
ユニークアクセス:155
昨日
ページビュー:1188
ユニークアクセス:1135

Feed