エントリー

司法犯罪の一つ、遺産強奪制度

  • 2019/02/27 09:24

司法犯罪の大きな物の一つ、遺産強盗制度が、妻の身にも降り掛かり続けて居ます。

同じような事案で、表に出す許可を得ている、やはり相手方に弁護士が就いての事案も、逆の動きで出て居ます。

妻の司法、警察テロ被害は「向こうに就いた弁護士が、法も何も無知蒙昧を超えた頭で、犯罪の限りに走り続けている事に、警察、司法が同調して、遺産強奪に暴走まっしぐら、今更間違いは認められない、責任が生じるからだ」

ここに、定番の司法、警察テロ犯罪暴走に、まっしぐらを続行し続けて居ます。

一旦こうなれば、警察、弁護士かい、裁判所、裁判官が、法を共に犯した責任を問われますから「どんな犯罪も認める、共に手を汚す事を重ねて、犯罪全てを正しい事に、強引にし続けて、司法犯罪を達成に走るんです」

後は野となれ山となれ、之が日常的に行われて居る、弁護士犯罪に、無条件追従警察、司法、行政犯罪の現実です。

この司法、警察犯罪は、負の遺産は強制放り出し、得する遺産のみ強奪成功を通す、負の遺産は、遺産強奪被害者か、近未来に強引に付で回す、之を組み込み、暴走の限りを、今も国中で尽くし捲って居ます。

妻も気の毒に、この司法、警察テロの被害を受け続けて居るのです、私が居なければ、もっと悪逆な被害に遭って居ました。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4700177
ユニークアクセス:3945498
今日
ページビュー:110
ユニークアクセス:110
昨日
ページビュー:990
ユニークアクセス:950

Feed