エントリー

弁護士の出られるような

  • 2019/02/27 13:20

相続権の無い、公正証書遺言状で、遺産の一部を遺贈されただけ、の人と、委任弁護士には、出る幕は無いのです「先ずは被相続人二名の遺産調査、遺産金品の特定が必要です、二件の遺産相続を、正しく行い、終える為に必須の調査、証明ですから」

そして、相続権の無い人に遺贈された、遺産不動産に就いて「他の相続権者の減殺遺留分まで、公正証書遺言状で遺贈されて、不動産全部の名義を、遺贈された人名義に変えて有る問題です」

他の相続権者の遺留分まで、全部自分名義に変更して有ります、他の相続権者は、相続放棄手続きも、取って居ないとの事です、つまり、この事件でも、正と負の遺産相続の権利が、相続権者全員に、正しく存在して居ます。

相続権者の複数名が、相続財産は要らないと、口頭で言った、こんな話で、相続人の一人、該当建物に居住して居る方に対して「自分は遺贈された人から委任を請けた弁護士だ、土地建物を明け渡せ、名義は遺贈を受けた人名義と変えて有るんだ、出て行け」

こう、相手方の弁護士は、脅し行為といわれても、の言動を持ち、打って出て来たが、当社が押さえて有ります、遺産泥棒は犯罪です、正しく遺産を調べて証明して、正しく相続を終える必要が有るんです。

先ずは遺産物品です、大量の遺産物品の目録作りから、予想出来ない、凄い時間が必要でしょうね。

当然ですが、調査に要する費用は、正当な請求額で有れば、吃驚処では無いです。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4700173
ユニークアクセス:3945494
今日
ページビュー:106
ユニークアクセス:106
昨日
ページビュー:990
ユニークアクセス:950

Feed